これは必須入力項目です。
Invalid
製品番号

モジュラーコンパクトレオメータ:
MCR 702e

モデル:
  • 革新的な他の追随を許さない高性能レオメータ
  • 1つのレオメータ、2つのドライブユニット、すべてのテストモード
  • ねじり、引張、曲げ、圧縮モードのDMA測定に対応
  • 最も広範囲な付属品ポートフォリオ
  • 高度なレオロジー研究向けのハイエンドレオメータ
  • 1つのレオメータ、2つのドライブユニット、すべての作業モード
  • ねじり、引張、曲げ、圧縮モードのDMA測定に対応
  • 200以上のアクセサリが研究開発に無限の可能性をもたらす
  • 高度なレオロジー研究と動的粘弾性測定向けのレオメータ
  • 作業スペースの最大化により、共焦点顕微鏡などの光学または機械装置との組み合わせが可能
  • 不活性ガス雰囲気でもグローブボックス内での作業が可能
オンライン限定価格 | 税抜税込 0消費税
価格
はお問い合わせください
ご購入情報
アントンパールの機器をオンラインで購入
製品番号: 92016
オンラインの販売状況をチェック 見積を受け取る この製品をオンラインで購入
納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月

新しいMCR Evolutionシリーズの2つのハイエンドモデル、MCR 702e MultiDriveとMCR 702e Space MultiDriveは、最も汎用性の高いレオメータです。すべての標準的なレオロジーテストモードに加えて、下部ドライブユニットを追加で装備することができます。これは、2つのトルクトランスデューサとドライブユニットを同時に使用してレオロジーテストを実施できることを意味し、研究にさまざまな可能性をもたらします。使用するテストモード、測定システム、アクセサリ、温度制御システムに制限はなく、測定精度にも制限はありません。さらに、MCR 702e Space MultiDriveは最大限の作業スペースを備えているため、アクセサリや追加の装置を使用した作業が容易になります。つまり、このシステムは、現在および将来のあらゆる可能性のあるレオロジーアプリケーションをカバーするのに最適です。

主な機能

1台のレオメータであらゆる粘弾性測定モードに対応

1台のレオメータであらゆる粘弾性測定モードに対応

2つのエアベアリングサポート回転駆動ユニットを上下に組み合わせることで、ツインモータートランスデューサ(CMT)モード及びセパレートモータートランスデューサ(SMT)モードで粘弾性測定を実行できます。CMTモードで単一のエアベアリングサポートECモータを使用することで、モータのリアルタイム位置制御(TruStrain™)を最大限に活用し、「従来式」の応力制御試験を実施することができます。SMTモードでは、一方のモーターはトルクトランスデューサとしてのみ動作し、他方のモーターはドライブユニットとしてのみ使用されるため、測定の過渡領域(応力の緩和、起動時のせん断など)でも、また振動測定では振幅と周波数の広い範囲でも、最も純粋な粘弾性測定結果を得ることができます。すべての動作モードを搭載したMCR 702e MultiDriveとMCR 702e Space MultiDriveは、MCRシリーズを完成させ、MCRレオメータを科学的なレオロジー研究で最も引用されている測定装置にすることに貢献しています。

逆回転駆動モードで材料特性評価の新境地へ

逆回転駆動モードで材料特性評価の新境地へ

逆回転駆動モードでは、駆動部にエアベアリングサポートECモーターとトルクトランスデューサを採用しています。どちらのモータも簡単に逆方向の駆動に設定でき、マイクロスコープを使用したせん断応力下でのサンプルの高度な構造解析を行うために、流動場に発生する滞留域の観察に使用できます。このモードでは、ユニバーサル伸長測定システムを使用して低トルクで伸長テストを行うことができます。逆回転駆動モードにおいて回転速度は単純に「倍」となり、最大で速度差6000 rpmに達し、測定可能なせん断速度範囲を大きく高速側に広げます。

ねじり、引張、曲げ、圧縮モードのDMA測定に対応

ねじり、引張、曲げ、圧縮モードのDMA測定に対応

下部の回転ドライブの代わりに、下部のリニアドライブを挿入して、専用の測定システムを用いた三点曲げ、カンチレバー、パラレルプレートなどの曲げまたは圧縮モードでDMA測定を実行できます。さらに、フィルムやファイバー、短冊状サンプルなどのサンプル形状に対して、専用の測定システムを用いた引張によるDMA測定と、上部回転ドライブはねじり変形によるDMA測定に対応することができます。さらに、リニアドライブは、熱力学的解析、クリープおよびクリープ回復試験、または緩和試験を実行することができます。DMA機能の詳細はこちらをご覧ください

最高の今を超える: 以前では考えられなかったアプリケーション用の装置

最高の今を超える: 以前では考えられなかったアプリケーション用の装置

新しいMCR702e Space MultiDriveは、レオメータサポートプレートの下部と装置の両側に、最大化された独自のワークスペースが備えられています。これにより、アクセサリの取り付けだけでなく、高度な材料特性評価に適した追加の外部装置との接続も簡単に行えるようになりました。例えば、MCR 702e Space MultiDriveでは、共焦点顕微鏡とレオロジーを組み合わせることができます。さらに、レオメータは電子部品ボックスが独立しているため、一定の危険度を持つサンプルの高温測定など、不活性ガス(窒素、アルゴン)雰囲気下でも、スペースが限られている場所やラボのグローブボックスにレオメータを設置することができます。 

重要な温度を測定、制御

重要な温度を測定、制御

アントンパール社の革新的な光電子工学テクノロジーを用いて、高精度の温度制御を実現し、測定の最大影響因子である温度を完全にコントロールします。このテクノロジーにより、発光と光起電力効果を利用した非接触型のデータ伝送が可能になります。この技術により、セパレートモータートランスデューサ(SMT)モードや逆回転駆動モードでトルク感度に影響を与えずに温度を測定できます。センサは、測定システム内でサンプルに非常に近い(わずか1 mmの距離)位置に直接配置されているため、サンプル温度とセンサで測定された温度との間のオフセットが減少します。これにより、ステップやランプのような温度変化の中でも、サンプル温度を正確に測定できます。

すべてのアプリケーションに適合する200以上のアクセサリとスマート機能

すべてのアプリケーションに適合する200以上のアクセサリとスマート機能

MCR 702e MultiDriveおよびMCR 702e Space MultiDriveでは、測定システム、温度制御システム、アプリケーション固有のアクセサリーを装着して、標準・高度のレオロジー分析を実施できます。特許技術のツールマスター(Toolmaster™)機能は、接続されたシステムや測定システムを自動的に認識し、最適化します。さらに、クイックコネクト機能により、測定システムを片手で接続できます。この二つの機能によって、求められる設定の最適化に不可欠な非常に高い柔軟性を実現し、手間を最小限に抑えています。

技術仕様

MCR 702e MultiDrive
MCR 702e Space MultiDrive
技術仕様 単位 ECモーター1台の構成 ECモーター2台の構成
ベアリング設計 - 空気、微細孔カーボン
モーター設計 - 電子整流式(EC) - 永久磁石同期モーター
変位トランスデューサの設計 - 高分解能光学式エンコーダ
法線力測定設計
(US Pat. 6167752, 1996)
- 360 °容量センサ、非接触、ベアリングに完全統合
ベアリングと法線力センサのアクティブ熱管理 - あり あり
作業モード - 複合モータートランスデューサ(CMT) セパレートモータートランスデューサ(SMT)、
逆回転駆動 [1]
最小トルク(回転) nNm 1 1
最小トルク(振動) nNm 0,5 0,5
最大トルク mNm 230 230
最小偏向角(設定値) µrad 0,05 0,05
最大偏向角(設定値) µrad
最小角速度[2] rad/s 0 0
最大角速度
最大速度 
rad/s
1/min
314
3000
628
6000
最小角周波数 [3] rad/s 10 -7 10 -7
最大角周波数 [4]
最大周波数
rad/s
Hz
628
100
628
100
法線力範囲 N -50~50 -50~50
温調システムサポートプレートあり(WESP / Space) [5] - あり あり
寸法(幅 x 高さ x 奥行) mm 444 x 753 x 586
Space:
212 x 767 x 554
444 x 753 x 586
Space:
212 x 767 x 554
重量 kg 48
Space:
51
58
Space:
61
その他の機能
ソフトウェアの遠隔操作が可能な装置ディスプレイ
(機械的・電磁的干渉防止のために測定センサーから独立)
- あり あり
直接ひずみ/ストレスコントローラー - あり あり
TruRate™ / TruStrain™
(サンプルアダプティブコントローラー)
- あり あり
生データ表示機能(LAOS、波形) - あり あり
法線力プロファイル(設定及び読み取り) - あり あり
速度プロファイル、タック、スクイーズ - あり あり
ギャップの自動/設定(AGC/AGS) - あり あり
測定治具の電子トリムロック - あり あり
全自動温度校正 - あり あり
TruGap™
(実測ギャップの永久制御)
(US Pat. 6499336, 2000)
- オプション オプション
T-Ready™ [6]
(サンプル温度平衡時間の検出)
(US Pat. 8904852, 2011)
- あり あり
Toolmaster™
(治具とアクセサリの測定、ゼロギャップの保存)
(US Pat. 7275419, 2004)
- あり あり
測定治具用QuickConnectカップリング
(片手操作、ネジなし)
- あり あり
トリミングミラー
(360° サンプル死角防止)
- あり あり
装置の3点支持
(工具を使用せずに片手で調整するための3本の頑丈な脚)
- あり あり
測定セルの取付用3点支持
(ぐらつき防止、セル交換後の位置ズレなし)
- あり あり
最大温度 °C -160~ +1000 -160~ +600 (950 [7])
最大圧力範囲 bar 最大1000
ねじれと引張のDMAに対応 - あり あり
リニアドライブに対応
(引張、曲げ、圧縮のDMA)
(US Pat. 9574983, 2015)
- あり あり
トライボロジーに対応 - あり あり
粉末流動・せん断レオロジーに対応 - あり あり

[1] US Pat. 8453496
[2] せん断応力制御(CSS)モードの場合。測定ポイントの継続時間とサンプリングレートに応じた、せん断速度制御(CSR)モードの場合。 
[3] 理論値(1サイクルあたりの持続時間=2年)
[4] 多波機能(測定システムとサンプルに応じて942 rad/s (150 Hz)またはそれ以上)を使用することで、さらに高い周波数も可能
[5] MCR 702e Space MultiDrive: レオメータサポートプレートの下部と装置の両側に独自の最大化された作業スペースを搭載
[6] 使用する温度制御システムにより異なる
[7] CTD 1000で使用されるカスタマイズシステム

対応する標準規格

ASTM

D4440
D4473
D5279

DIN

1342 1-3
3219
13343
51810 Part 1
51810 Part 2
53019-1
53019-2
54458

EN

3219
14770

ISO

3219
6721-1

Pharmacopoeia Europe (Ph. Eur.)

2.2.8 - 粘度
2.2.10 - 回転式粘度計法
0132

U.S. Pharmacopoeia (USP)

912 - 回転式レオメータ法

アントンパール認定サービス

サービスとサポートにおけるアントンパールの品質:
  • 世界各地に350名以上のメーカー認定の技術者がいます。
  • お客様の言語でサポート
  • ライフサイクル全体にわたる資産の保護
  • 3年保証
さらに詳しく

書類

関連製品

消耗品 & アクセサリー

消耗品 & アクセサリー

アクセサリー

アクセサリー

すべての商品をすべての国でオンライン購入できるわけではありません。

お住まいの国からオンラインで購入できるかは、以下のオンライン販売状況をご確認ください。

オンライン限定価格 | 税抜税込 0消費税

Spatula

納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月
製品番号: 98595

DMA測定システム

より詳しい情報
納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月

ECモーターを2つ搭載したレオメータのオプション:
レオマイクロスコープシステムの設定

より詳しい情報
納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月

MCR温度制御システム:

納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月
製品の詳細:
  • 効果的で簡単な昇温及び冷却
  • 温度勾配を最小限に抑えた-40~200 °Cの特許済み温度制御
  • レオオプティックスアクセサリーと組み合わせるモジュラーシステム
  • コーンプレート、パラレルプレート、シリンダー測定システム用

より詳しい情報

MCR用アクセサリー:
湿度制御オプション

納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月
製品の詳細:

より詳しい情報

レオ共焦点顕微鏡:
MCR 702e Space MultiDriveとレオオプティックス

納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月
製品の詳細:
  • 「構造解析」用アクセサリー: レオロジーと共焦点顕微鏡の出会い
  • 高度な研究のためのすべての可能性と最大の作業スペースを備えたMCRレオメータ

より詳しい情報

恒温機能搭載!対流式温度制御システム(-160~+1000 °C)

納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月
製品の詳細:
  • -160~1000 °Cの溶融体、固体、薄膜、繊維の温度制御レオロジーとDMA測定用
  • 正確で安定した測定結果のための均一な温度分布
  • MCR測定システム用: パラレルプレート、コーンプレート、固体ねじり及び引張によるDMA、制御された相対湿度など

より詳しい情報

誘電率測定(Dielectric Spectroscopy)

より詳しい情報
納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月