推奨される結果

インライン飲料分析

インライン飲料分析

飲料分析の完成形

このインライン飲料分析システムには、ビール、ワイン、果実酒、フレーバーアルコール飲料(FAB)、ジュース、ソフトドリンク、ダイエット飲料、お茶など、数千種類のサンプルに基づくインライン分析とラボ分析の40年以上の経験が生かされています。 

アントンパール社は、インライン飲料分析システムのトップメーカーとして、手間のかかる現場調整を解消し、あらゆる飲料アプリケーションのオーダーメードソリューションを提供しています。これらの飲料分析システムは、お客様のラボ機器と完全に連携可能なため、規格通りの生産とトレーサビリティが保証されます。  

°Brix、%ダイエット濃度、CO2、アルコール、糖転化、エキスなどの重要な品質パラメーターを製造プロセス全体で連続的に、高精度かつ安全に測定する最高クラスの装置です。

お問い合わせ

Anton Paar 製品

あなたの選択: 絞り込みをリセット X
試験分析規格
機器タイプ
産業分野
Showing to of

5つの理由

複数のパラメーターを柔軟に設定して様々な飲料を測定

消費者の嗜好の変化に伴い、現在そして将来のあらゆる種類のソフトドリンク、ビール、アルコール飲料に対応できる万能型のシステムが求められています。アントンパール社のインライン飲料分析システムは%DietまたはTAの測定とCO₂、O₂、°Brix、糖転化、アルコールなどの重要パラメーターの測定において業界最高レベルの正確さと繰返し精度を実現しています。

変動する条件下でもシームレスに品質を管理

生産パラメーターを連続モニタリングすることで時間とコストを節減できます。アントンパール社のインライン飲料分析システムを使用すれば、原料の使用を最適化し、手動測定の必要性を最小限に抑え、規格外値の発生を回避できます。最高の測定技術を使用することで、原料バッチの変動など、プロセスのバラツキの影響を最小限に抑えることができます。洗浄サイクルの直後でもドリフトのない分析が可能なため、校正確認時間が短縮されます。

最小限の運用コスト

この飲料分析システムは手間のかかる試運転や現場調整が不要で、すぐに使うことができます。工場で事前設定されており、目的の飲料に対応した適切なセンサセットアップと計算メソッドが設定された状態で出荷されます。光学CO2センサ、インラインポンプ、インライン屈折計、密度・音速センサなどの内蔵部品はメンテナンスが一切不要なため、運用コストを最小限に抑えることができます。

生産環境に適応

アントンパール社のインライン飲料分析システムは、1つのVARINLINE®ハウジングの両ポートに設置可能です。ラインの振動に影響されないため、生産ラインの様々な位置に簡単に取り付けることができます。表示変換機は装置に組み込むことも、近くの見やすい位置に設置することもできます。全てのモデルが衛生面と定置洗浄(CIP)の要件に従って設計されているため、ソフトドリンク、ダイエット飲料、ビール、ワイン、果実酒、フレーバーアルコール飲料(FAB)、ジュース、お茶、その他飲料の安定した生産が可能になります。 

ボタン操作による校正と調整

ラボ装置からインライン飲料分析システムへのデータ転送を自動化することで、転記ミスが回避され校正ワークフローの詳細な記録が可能となります。ラボ分析システムはDavis5表示変換機ソフトウェアを介してアントンパール社のインライン飲料分析システムと直接接続されるため、校正と調整が自動化され、オペレータの手動操作も不要です。