推奨される結果

XRD

XRD

X線回折における優れた多様性

In-Situ X線回折(XRD)のためのアントンパール社のパワフルな低温/高温用サンプルステージは、長年の経験と最先端のテクノロジーを融合して生まれました。相転移のIn-Situ研究、固体-気体反応、構造決定など、アントンパール社のXRDソリューションでは、ほぼ全ての材料研究分野において最高レベルの柔軟性で測定できます。

お問い合わせ

Anton Paar 製品

あなたの選択: 絞り込みをリセット X
試験分析規格
機器タイプ
産業分野
Showing to of

5つの理由

豊富なオプション

アントンパール社のソリューションは、あらゆる種類のサンプルと測定システムに対応しており、粉末、薄膜、ペーストの評価に適した構成を提供しています。お客様のニーズに合わせて、反射法または透過法でサンプルを分析できます。また、スピン機能を持つキャピラリー法も使用できます。

環境条件の厳密な制御

粉末XRD用の最先端の高温/低温チャンバーと4軸ゴニオメータ用のドーム型ステージを使用すると、制御された温度及び圧力条件下で材料を測定できます。最新のテクノロジーにより、温度-193~2300 °C、圧力10-4 mbar~100 barの様々な雰囲気での分析が可能です。

極めて正確な温度測定と温度分布

全ての非大気下パラメーターの中も、温度は最も重要な要素です。アントンパール社の装置はスマートな設計と適切な材料選択に基づいて、高い精度と再現性で温度を測定します。環境ヒーターが最適化されているため、サンプル内の温度分布を非常に均一な状態に保つことができます。このことは、高品質なXRD結果を得るために極めて重要です。

使いやすいデザイン

操作が簡単であることも、アントンパール社の装置のメリットです。サンプルは非常に容易にセットすることができ、交換も簡単です。アントンパール社の装置は、市販されているほぼ全ての屈折計に対応します。また、ほとんどの屈折計メーカーのソフトウェアには温度コントローラが組み込まれているので、全自動で実験を行うことができます

実績により生まれた高品質

アントンパール社は、X線分析用科学装置メーカーとしての長い歴史を通して、常に新しいテクノロジーとイノベーションを設計コンセプトに組み込んできました。当社は、50年以上にわたる実績、研究機関との共同研究や開発、お客様との強いつながりを通じて、非大気下でのX線回折分野における経験豊かな信頼できるパートナーとして、お客様をサポートします。