旋光計

旋光計

旋光度測定に新たな展開

アントンパール社のパワフルなMCP旋光計シリーズは、物質の旋光度を正確に、すばやく、簡単に測定できます。扱いやすいモジュール型のMCP旋光計は、お客様の要件に合わせて構成することが可能です。様々なサンプルセル及び波長オプションを使って、簡単に拡張することができます。

Get in touch

Anton Paar 製品

選択項目: 全てのフィルターをリセットする X
対応する標準規格
デバイスタイプ
産業分野
表示 /

5つの理由

測定範囲全体で± 0.002 °ORの高精度

アントンパール社のモジュール型旋光計シリーズは、± 89.9 °ORの測定範囲全体で最大± 0.002 °ORの高精度でサンプルの旋光度を測定します。MCPシリーズは、医薬品、化粧品、化学薬品から香料、香水などあらゆる分野の要件に対応します。毎日の測定から研究開発における困難な測定に至るまで、アントンパール社はお客様の要件に最適なソリューションを提供します。

最適な温度条件により高速で正確な測定を実現

内蔵のペルチェ素子温度制御システムがサンプルセルを包み、サンプルは10~45 °Cの温度範囲で一律に加熱または冷却されます。これによって温度勾配のリスクが排除され、高速で正確な測定結果が得られます。

信頼性を高める内蔵カメラ

FillingCheckTM テクノロジーにより、充填中及び充填後のセル内のサンプルの様子をビデオで確認できます。目視よりもはっきりと気泡や縞を簡単に観察でき、必要に応じて操作することも可能です。映像は、測定結果と共に自動的に保存されます。測定条件の記録を残すことができ、数年後でも追跡できます。

最高の使いやすさとトレーサビリティ

アントンパール社の旋光計は、ユーザーを重視して設計されています。内蔵ソフトウェアは直感的で、すばやく簡単に操作できます。測定と校正の手順が詳しく示されるので、すぐに正確な測定結果を得られます。手作業による入力ミスを避けるため、装置は独自のToolmasterTM機能で動作します。サンプルセルと石英コントロールプレートの全てのパラメーターは、RFIDを介して装置のソフトウェアにワイヤレスで転送されます。

関連する標準に準拠

MCP旋光計シリーズは、米国の薬局方、OIML、21 CFR Part 11など、国内外の標準規格に準拠しています。製薬向け適格性評価パッケージを使って、新しいMCP旋光計を短期間でワークフローに統合できるため、時間とコストを節約できます。