これは必須入力項目です。
Invalid
製品番号
エラーが見つかりました

MCR用の光学アクセサリー:
レオメータ - 赤外分光計セットアップ

  • 構造解析及びレオオプティックス用アクセサリー
  • レオロジーと赤外分光法の融合
  • 材料の化学組成を分析
オンライン限定価格 | 税抜税込 0消費税
価格
はお問い合わせください
ご購入情報
アントンパールの機器をオンラインで購入
製品番号:
オンラインの販売状況をチェック 見積を受け取る この製品をオンラインで購入
納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月

レオメータ - 赤外分光計セットアップは、2つの強力な測定原理を組み合わせており、力学的手法であるレオロジーと分子分光法である赤外分光法の完璧な共生を実現したものです。赤外分光法(IR)は、材料の化学組成を定性的・定量的に同定するための確立されたツールで、レオロジーが材料の構造に関する情報を提供します。高分子の挙動と構造パラメータの関係についての情報は、さまざまな材料の化学的機能性と微細構造の変化、及びそれらが加工時や使用時に及ぼす影響を理解するのに役立ちます。

レオメータ - 赤外分光計セットアップ お問い合わせ

主な機能

MCRレオメータとIR分光計 – 分子レベルに到達

MCRレオメータとIR分光計 – 分子レベルに到達

レオメータ - 赤外分光計セットアップでは、化学的変化と機械的変化(レオロジー)をin-situでリアルタイムに観察することができます。電磁波を照射された分子の相互作用による分子内の振動や回転を観察するために、MCRレオメータは、中赤外光域(MIR)と近赤外光域(NIR)を組み合わせて使用します。ATR(減衰全反射)結晶をサンプル内に直接設置し、MIR分光を行うことで、サンプル表層付近の情報を取得することができます。オプションとして、均質な紫外線を同時に照射することができ、これは接着剤などの光重合反応の研究において強力なツールとなります。

膨大な種類のテストと温度設定

膨大な種類のテストと温度設定

この装置は、定評のあるアクティブ制御のペルチェフード、ユニバーサル光学デバイス、下部のガラス板を簡単に交換できるペルチェ温度制御装置で構成されています。これらを組み合わせることで、-20~+200 °Cの範囲での迅速で正確な温度制御が可能になります。また、これらを用いると、不活性ガスによるパージも可能となります。これにより、酸化や劣化などの望ましくない化学反応を回避したり、雰囲気中の水分による赤外スペクトラムへの影響も低減することができます。また、室温~300 °Cで制御可能な電熱式の温調機や、さまざまな直径の使い捨て測定治具(硬化後に取り外せないサンプル等用)もご用意しています。 

お好みのIR分光計を使用可能

お好みのIR分光計を使用可能

市販のさまざまなFT-IR分光計やプローブを、定評のあるMCRレオメータシリーズに組み合わせることができます。それらの分光計のほとんどは、レオメータソフトウェアで操作・制御でき、複雑な測定設定でも自動化、制御が可能です。両分野の専門性を有する当社は、お客様のアプリケーションや要件に応じ、IR分光計と組み合わせるカスタマイズソリューションを開発、提供、サポートすることができます。レオメータソフトウェアRheoCompassではデフォルトの測定テンプレートにアクセスでき、IRスペクトルは特定のIR分光計のソフトウェアとツールにより保存、処理、評価されます。

RheoOpticsツールボックス – モジュール式で使いやすい

RheoOpticsツールボックス – モジュール式で使いやすい

IR分光オプションには、構造解析用アクセサリーと、MCRレオメータシリーズ用のモジュラー式RheoOpticツールボックスが付属しています。MCRレオメータはモジュール式のため、偏光イメージングオプションと組み合わせて使用することもできますが、他の光学アクセサリーに数分で切り替えることも可能です。ペルチェ素子、電熱ヒーターの温度制御システムは、他のレオオプティックスツール、例えばラマン分光、偏光イメージング(蛍光)光学顕微鏡小角光散乱(SALS)UV硬化などと組み合わせて使用することが可能です。これにより、測定装置を時間的にもコスト的にも有効に活用することができます。さらに、粒子画像流速計(PIV)誘電レオロジー測定装置(DRD)など、構造解析のためのアクセサリーもご用意しています。Toolmaster™やQuickConnectなど、MCRレオメータシリーズのよく知られている機能だけでなく、あらゆる作業工程を簡単にする他の機能も、パッケージに含まれています。

実使用に近い条件をシミュレートしながら、さまざまな材料の挙動を測定

実使用に近い条件をシミュレートしながら、さまざまな材料の挙動を測定

レオメータ - IR分光計セットアップにより、サンプルの力学的特性と化学的特性の同時測定が可能となります。これにより、さまざまな材料の化学官能性や微細構造の変化、及びそれらが加工や用途に及ぼす影響について、より深く理解することができます。ラマン分光法誘電分光法も、補完的な技術であると考えることができます。

代表的なアプリケーション:

  • 化学反応(接着剤やコーティング剤のUV硬化など)
  • 一般的な重合
  • ポリマーの形態
  • 懸濁液の温度挙動及び安定性
  • 生体サンプルや食品サンプルの構造パラメータ(バイオフィルム、細胞培養、タンパク質など)

アントンパール認定サービス

サービスとサポートにおけるアントンパールの品質:
  • 世界各地に350名以上のメーカー認定の技術者がいます。
  • お客様の言語でサポート
  • ライフサイクル全体にわたる資産の保護
  • 3年保証
さらに詳しく

互換装置

選択項目: 全てのフィルターをリセットする X
産業分野
アプリケーション
対応する標準規格
表示 /

関連製品