医学的サンプル、生体材料、メンブレン

生体材料工学及び研究のための新たな手法

生体材料、メンブレン、及び医学的サンプルの研究には、信頼性が高く、直感的に使用できる高精度のツールが必要です。分析の対象が、化学プロセス、粒子の挙動、機械的挙動や弾性挙動、浸透性のいずれであっても、アントンパール社にはお客様に適したソリューションがあります。 

問い合わせる

Anton Paar プロダクト

操作のタイプ
標準規格
製品グループ
デバイスタイプ
選択項目 : 全てのフィルターをリセットする

結果が見つかりませんでした!

Revetest®スクラッチ試験機:
RST 300
SAXS/WAXS/BioSAXSシステム:
SAXSpace
SAXS/WAXS/GISAXS/USAXS/RheoSAXSラボ用ビームライン:
SAXSpoint 5.0
インライン密度計:
L-Dens 7400
インライン密度計:
L-Dens 7500
インライン屈折計:
L-Rix
ウルトラナノインデンテーション試験機 (UNHT³)
カスタマイズ可能なラボ自動化ソリューションHTX
コンパクトなラマン分光計:
Cora 5001
デジタルパフォーマンス屈折計:
Abbemat
Abbemat Heavy Duty
デジタルヘビーデューティーライン屈折計:
Abbemat
ナノインデンテーション試験機:
NHT³
ナノスクラッチ試験機:
NST³
バイオインデンター:
UNHT³ Bio
ピンオンディスクトライボメータ:
TRB³
フーリエ変換赤外分光光度計 FTIR:
Lyza 7000
マイクロコンビテスタ:
MCT³
マイクロ波リアクター:
Monowave
マイクロ波リアクター:
Monowave 200
マイクロ波リアクター:
Monowave 400
マイクロ波リアクター:
Monowave 450
マイクロ波分解システム:
Multiwave GO Plus
マイクロ波分解プラットフォーム:
Multiwave 5000
マイクロ波前処理装置:
Multiwave 7000
マルチパラメーター分析システム:
Modulyzer オイル
モジュラーコンパクトレオメータ:
MCR 702e MultiDrive
モジュラーコンパクトレオメータ:
MCR 702e Space MultiDrive
モジュラーコンパクトレオメータ:
MCR 72/92
モジュラーコンパクトレオメータ:
MCR 102e/302e/502e
全自動多目的X線回折装置:
XRDynamic 500
動的光散乱装置:
Litesizer DLS
動的画像解析装置 :
Litesizer DIA 500
動的粘弾性レオメータ測定ヘッド:
DSR 502
動的粘弾性測定システム:
MCR 702e MultiDrive
半固体・固体密度用ガスピクノメーター:
Ultrapyc
卓上型密度計:
DMA
回転式レオメータ:
RheolabQC
固体表面分析用ゼータ電位分析装置:
SurPASS 3 Eco
固体表面分析用ゼータ電位分析装置:
SurPASS 3 スタンダード
携帯型密度計:
DMA 35 スタンダード
機械的表面試験プラットフォーム:
Step
水銀圧入孔径分析装置:
PoreMaster
水銀圧入孔径分析装置:
PoreMaster 33
水銀圧入孔径分析装置:
PoreMaster 60
水銀圧入孔径分析装置:
PoreMaster 60GT
真密度測定用5ステーションガスピクノメータ:
PentaPyc及びPentaFoam 5200e
真密度測定用5ステーションガスピクノメータ:
PentaPyc及びPentaFoam 5200e Foam
真空トライボメータ:
TRB V / THT V
真空式及びフロー式の脱ガス装置:
FloVac
落球式粘度計:
Lovis 2000 M/ME
蒸気吸着・ガス吸着分析装置:
VSTAR
蒸気吸着・ガス吸着分析装置:
VSTAR 2ステーション
蒸気吸着・ガス吸着分析装置:
VSTAR 2ステーションターボ
蒸気吸着・ガス吸着分析装置:
VSTAR 4ステーション
蒸気吸着・ガス吸着分析装置:
VSTAR 4ステーションターボ
貫通細孔用キャピラリフローポロメータ:
Porometer 3G
貫通細孔用キャピラリフローポロメータ:
Porometer 3G micro
貫通細孔用キャピラリフローポロメータ:
Porometer 3G z
貫通細孔用キャピラリフローポロメータ:
Porometer 3G zH
高サンプルスループット及び複雑なサンプル処理を実現するレオメータ自動化:
HTR
高圧ガス吸着装置:
iSorb
高圧ガス吸着装置:
iSorb HP1 100
高圧ガス吸着装置:
iSorb HP1 200
高圧ガス吸着装置:
iSorb HP2 100
高圧ガス吸着装置:
iSorb HP2 200
高性能・多検体・ガス・蒸気吸着測定装置:
Autosorb
高性能・多検体・ガス・蒸気吸着測定装置:
Autosorb 6100
高性能・多検体・ガス・蒸気吸着測定装置:
Autosorb 6200
高性能・多検体・ガス・蒸気吸着測定装置:
Autosorb 6300
高真空物理/化学吸着分析装置:
autosorb iQ C-AG
高真空物理/化学吸着分析装置:
autosorb iQ C-MP
高真空物理/化学吸着分析装置:
autosorb iQ C-XR

正常な赤血球と病的な赤血球の区別

アントンパール社のMCRレオメータは、全血の粘弾性特性を監視するための優れた装置です。例えば低いせん断応力では、赤血球は互いに付着し、凝集し、連銭を形成します。MCRに顕微鏡アクセサリを使用すると、様々な条件下での血液の変化を顕微鏡レンズを通じて測定時に監視できます。この情報の組み合わせにより、赤血球の粘弾性特性をその凝集状態に相関付けることができます。全血サンプルは、国際血液検査標準化委員会の勧告に従って分析することができます。

メンブレンの付着物の分析及び生体適合性の向上

血液中の低密度リポタンパク質(LDL)の効率的で効果的な吸着が、ヘパリンが共有結合したポリスルホンに基づく透析膜の原理です。ただし、表面で誘発される血液凝固や、タンパク質の不可逆的な吸着によるメンブレンの付着物など、メンブレンを血液透析に適用できるかどうかを左右する固有の問題があります。これらの血液透析膜の生体適合性を向上させるには、膜の内面の改質が必要です。永続的なヘパリンコーティングが、このプロセスに特有の大きな課題です。ポリスルホン表面への反応基のグラフトは、このような生体活性を持つ物質を固定化するための界面を生成する1つの方法です。SurPASS表面分析用ゼータ電位測定装置は、そのような中空繊維膜の内面の分析に適用されます。未処理膜と改質後の膜のゼータ電位を比較することで、表面処理の効果が明らかになります。自動的に得られる等電点と、高pHにおけるゼータ電位は、反応基のグラフティングとヘパリンコーティングが適切に行われたことの指標となります。

IV輸液の安全性の確認

静脈用輸液の一般的なリスクとして、目に見えない粒子による汚染があります。このような不要な粒子を検出し、IV輸液の品質を監視するには、アントンパール社のLitesizer 500など、溶液の粒径と粒径分布をすばやく、またわずかな量のサンプル(12 µL以上)から測定する測定装置が必要です。この測定は、輸液または注射に使用するエマルションや溶液内の液滴のサイズを定義した米国薬局方の非経口製剤の要件を満たしています。

尿、血液、及び毛髪内の微量元素レベルの評価

ICP-MS/ICP-DRCMS及びETAASなどを使用した微量元素の濃度測定には、測定でのスペクトルやマトリックスの干渉を最小限に抑えるために、完全に分解したサンプル溶液が必要です。マイクロ波圧力分解は、そのような信頼性の高い前処理法の1つです。例えば、Multiwave PROは体液と毛髪を分解し、高品質のサンプルを短時間で生成します。 

ウェブセミナー

製品、アプリケーション、科学的なトピックに関するライブのウェブセミナーや記録を提供しています。

ウェブセミナー概要を見る

アプリケーションレポート

アプリケーションレポートのデータベースを検索して、ご担当分野の課題を克服する方法を見つけてください。

アプリケーションレポートの閲覧