ピンオンディスクトライボメータ: TRB³

摩擦・磨耗・潤滑測定の業界標準

アントンパール社のピンオンディスクトライボメータは、過去35年間にわたり世界各国で1000台以上の採用実績を誇る、摩擦・摩耗・潤滑の測定における標準です。広範な試験パラメーター、接触形状、アドオンオプションを指定して、トライボロジー試験(摩擦試験)を実施できます。動的モード(線形運動、往復運動)、接触モード、速度、潤滑、材料、高温、湿度など、あらゆる条件下でシミュレートします。

TRB³は世界中の研究機関における実績により信頼を獲得しました。新素材(セラミックス、金属、ポリマーなど)、潤滑油及び添加剤、自己潤滑システムなどの研究や品質管理に活かされています。

Get in touch ドキュメントの検索

主な機能

2基の摩擦力センサで熱ドリフトを最小化

2基の摩擦力センサで熱ドリフトを最小化

2基の摩擦力センサと伸縮性のある対称測定アームを採用した独自の設計により、熱ドリフトを抑えることに成功しました。長い試験時間中に、環境温度が変動することによって起こる現象です。熱ドリフトがより顕著に影響する例としては、サンプルを意図的に加熱または冷却し、想定する摩擦力が比較的小さい場合です。TRB³は、2基の摩擦力センサの信号を同時に測定し、ハードウェアで補正したデータをリアルタイムで記録します。

組み込みのセンサで環境条件を実時間監視

組み込みのセンサで環境条件を実時間監視

環境条件(温度、湿度など)を、トライボロジー特性データと共に記録、報告することが重要です。トライボロジー試験の結果は、(ポリマーの特性評価と硬質膜の特性評価において特に)これらの要因に強く依存するからです。TRB³は、組み込みのセンサで各時刻毎に温度や湿度を測定し、摩擦力など、目的とするデータと共に記録します。 

校正も容易

校正も容易

トライボメータで正確かつ高精度の測定データを得るためには、定期的な校正が必要です。アントンパール社はさらに一歩進めて、重要な校正(摩擦力、モーター速度、回転角)を利用者自身が実施できるようにしました。保守費用を抑えるだけでなく、常に完璧な状態に維持できるようになりました。

「Tribometer」及び「Modelization」という2つのソフトウェアに、きめ細かい管理機能と、最新の分析機能を実装

「Tribometer」及び「Modelization」という2つのソフトウェアに、きめ細かい管理機能と、最新の分析機能を実装

「Tribometer」ソフトウェアには、主なパラメーター設定モードとして、標準、増分、ユーザー定義の3つがあり、あらゆる試験の要件(様々な速度、負荷、動きモードなど)に対応できます。「Modelization」ソフトウェアには、接触圧力及び変形分布のシミュレート機能が組み込まれており、適切な測定パラメーターを容易に選択できます。「サイクル調査ビュー」及び「往復運動分析モード」により、線形運動や往復角運動のデータが扱いやすくなりました。より高度な分析用には、データを自在に扱える、オープンソースのPythonプログラミング環境が組み込まれています。

ASTM G99、ASTM G133、DIN 50324の各規格に準拠

ASTM G99、ASTM G133、DIN 50324の各規格に準拠

トライボロジー測定装置の分野における、継続的な研究及び開発プロセスの一環として、アントンパール社はいくつかの国際規格委員会に参加し、活動しています。中でも重要な委員会として、ASTM G99及びASTM G133があります。TRB³はこういった規格に完全準拠しているので、業界標準に沿ったトライボロジー試験を実施できます。

技術仕様

ノーマルフォース範囲 最大60 N
ノーマルフォース分解能 - (自重)
摩擦力範囲 最大20 N (オプション: 5 N)
摩擦力分解能 0.06 mN (オプション: 0.015 mN)
回転運動
速度 0.2~2000 rpm (オプション: 600 rpm)
半径 最大40 mm
最大トルク 450 mN.m
直線往復運動1)
ストローク長 最大60 mm
速度 最大370 mm/s
周波数 0.01~10 Hz
回転往復運動2)
速度 0.2~2000 rpm (オプション: 600 rpm)
周波数 0.01~7 Hz
振幅角 ±5°~±150°
偏向角分解能 0.1°
オプション
オンライン摩耗深さ -2~2 mm
加熱能力 最高450 °C (ドライ条件)
最高150 °C (液中条件)
電気接触抵抗 最大1000Ω
真空度 10-7 mbarまで
相対湿度 15~95 %

1) 直線往復運動の仕様は、ストローク長、周波数、ステージ上の質量の組み合わせにより異なります。

2) 回転往復運動の仕様は、角振幅、周波数、ステージ上の質量の組み合わせにより異なります。

アントンパール社の認定サービス

アントンパール社のサービス/サポート品質:
  • 世界中で350人を超えるメーカー認定専門技術者
  • お客様の地域の言語による確かなサポート
  • 稼動期間全体にわたりお客様の投資を保護
さらに詳しく

書類

関連製品