推奨される結果

Porometer 3Gシリーズ

最高の使いやすさを備えたキャピラリフローポロメータ

Porometer 3Gキャピラリフローポロメータシリーズは、正確で信頼性の高い貫通細孔径分布測定結果を提供します。通常は、どのようなサンプルでもわずか30分以内に測定できます。フローパス内の圧力勾配の定期的な校正を必要としないため、多数の機器の調整プロセスが大幅に簡単になります。簡単な操作と測定スピードにより、サンプル処理能力が大幅に向上します。幅広い膜やろ過媒体の透気率や細孔径特性に応じた、3種類の異なるモデルを用意しています。

お問い合わせ カタログをダウンロード

技術仕様

  3G micro 3G z 3G zH
最小細孔径 0.07 µm <0.03 µm <0.02 µm
最大細孔径 100 µm 500 µm 500 µm
圧力コントローラ 1 2 2
コントローラ#1 0~100 psi 0~30 psi 0~30 psi
コントローラ#2 0 ~300 psi 0 ~500 psi
圧力センサ 2 3 3
センサ#1 0 ~5 psi
センサ#2 0 ~100 psi
センサ#3 0 ~250 psi 0 ~500 psi
フローセンサ 1 1または2 2
センサ#1 0 ~100 L/min 0 ~100 L/min (標準)
0 ~200 L/min (オプション)
0 ~10 L/min
センサ#2 (オプション) 0 ~5 L/min
または
0 ~10 L/min
0 ~200 L/min
フローセンサ切り替え 手動 自動
 
圧力検知精度 ±0.05 % f.s.
圧力分解能 16 ビットA/D相当
フローセンサタイプ 高精度サーマルマスフロー
フローセンサ設定時間 <2秒
フローセンサ温度係数 <0.05 %/oC (15 ~45 °C)
一般仕様
電気特性 90 ~240 V AC、50/60 Hz
メイン制御ユニット寸法(高さ x 奥行 x 幅) 40 cm x 45 cm x 19 cm   
サンプルホルダーブロック寸法(高さ x 奥行 x 幅) 24 cm x 32 cm x 15 cm   
この表は標準構成を示しています。一部のモデルでは、利用できる圧力及び流量範囲が異なります。

アプリケーションレポート