マイクロ波前処理装置: Multiwave GO Plus

世界で最も小さく経済的なマイクロ波前処理

Multiwave GO Plusマイクロ波前処理装置に搭載された新設計のDMC(ダイレクトマルチモードキャビティ)は、モノモードとマルチモードマイクロ波の長所を兼ね備えています。ローター内の容器の装填箇所と容器内のサンプル充填状態に応じて、マイクロ波が自動的に調整され、極めて革新的な加熱を実現します。ターボ冷却プロセスにより、ローターの12のポジションに全て装填した状態で、最短8分という画期的な冷却時間を実現します(EPAメソッドの場合)。SmartVentテクノロジーを搭載したMultiwave GO Plusは、市販のマイクロ波前処理装置の中で最も利便性の高い製品です。

Get in touch ドキュメントの検索

主な機能

ターボ運転コンセプト – 最小の設置面積で最短のプロセス時間

ターボ運転コンセプト – 最小の設置面積で最短のプロセス時間

Multiwave GO Plusでは独自のDMC(ダイレクトマルチモードキャビティ)機能により、小型システムに搭載された1個のマグネトロンだけで極めて効率の高いターボ加熱を行うことができます。モノモードのシステムとして、マイクロ波がダイレクトにサンプルに向けられるため、省スペース設計で非常に効率的な加熱が可能です。また、マルチモードのシステムとして、1度の実行で複数のサンプルの前処理を行うことができます。

Multiwave GO Plusを、180 °Cから70 °Cまで8分未満で急速冷却できる(EPAメソッドの場合)最も効率的なターボ冷却システムと組み合わせることで、市場で最短の全プロセス時間を実現できます。これを可能にしているのが、内蔵の冷却ユニット、排気システム、ローター、容器(冷却フィン付き)の間の完璧な相互作用であり、これにより最小の設置面積も実現しています。

SmartVent – 最も容易な反応制御方法

SmartVent – 最も容易な反応制御方法

アントンパール社の圧力解放コンセプトを採用した革新的なSmartVentテクノロジーにより、優れた分解品質を実現します。3つの部分から構成される容器は高周波に対する耐干渉性が高く、工具を使用せずに閉じることができます。

SmartVentテクノロジーでは以下のことが可能になります。

  • 各容器での高精度な圧力制御
  • 圧力超過時に安全に解放
  • 分解温度上昇の検出
  • サンプル質量を増やしても対応可能
  • 反応挙動が異なるサンプルや挙動が判明していないサンプルも1度の実行で安全に分解
Multiwave GO Plus – 様々なサンプルに容易に対応

Multiwave GO Plus – 様々なサンプルに容易に対応

Multiwave GO Plusを使用すると、様々なサンプルを確実に分解できます。このようなサンプルの例としては、環境サンプル、食品や飼料の分析、材料試験、石油化学製品、プラスチック、ポリマー、化粧品、金属、合金、地球化学サンプルなどがあります。

あらかじめインストールされている汎用メソッド(EPA 3015A、EPA 3051A、EPA 3052など)を使用して、多数のサンプルを容易に分解できるため、ワークフローがさらに簡素化されます。

大量のサンプル、少量のサンプル、無機/有機基質の日常的な分解と溶出に対応するコンパクトなデザインのマイクロ波前処理装置のメリットをご活用ください。

アントンパール社の認定サービス

アントンパール社のサービス/サポート品質:
  • 世界中で350人を超えるメーカー認定専門技術者
  • お客様の地域の言語による確かなサポート
  • 稼動期間全体にわたりお客様の投資を保護
さらに詳しく

書類