ナノインデンテーションテスタ: NHT³

市場で最も汎用性に優れ、ユーザーフレンドリーなナノインデンテーションテスタ

NHT³ナノインデンテーションテスタは、硬度、弾性率、クリープ特性、その他の表面特性をナノメートルからマイクロメートルまでのスケールで測定するために設計されています。0.1 mNから500 mNまでの荷重範囲で、非常に高い汎用性を実現します。独自のトップリファレンス技術により、温度が安定するのを待つことなく計装化インデンテーション測定を即時実施できます。また、「クイックマトリックス(Quick Matrix)」インデンテーションモードを使用すると、高スループットの測定(1時間あたり最大で600件の測定)を行えます。

Get in touch ドキュメントの検索

主な機能

簡単なナノインデンテーション測定

簡単なナノインデンテーション測定

直感的に使用できるアントンパール社のソフトウェアでは、標準メソッドから非常に高度なメソッドまで様々なタイプの計装化インデンテーション測定を容易に定義して分析できます。非常に広い拡大範囲を持つ顕微鏡が内蔵されているので、サンプルの表面を観察して測定位置を直接定義できます。さらに、衝突により圧子が破損しないように保護するリファレンスリングが付いており、測定先端の交換は2分未満で完了できます。

短時間で高精度な測定を実現

短時間で高精度な測定を実現

この装置独自の設計として、内蔵されたトップ表面リファレンスリングがインデンテーション測定の最初から最後までサンプル表面を追従します。このため、押し込み深さが常に現在の表面位置に対して直接測定されます。この機能を備えた装置はアントンパール社のナノインデンテーションテスタだけで、NHT³は、ミスが生じやすいソフトウェア修正ではなく正確な結果を提供します。この技術のもう1つのメリットとして、サンプルを取り付けた後、温度が安定するまで何時間も待つことなく測定をすぐに開始することができます。

クイックマトリックスが実現する高スループット

クイックマトリックスが実現する高スループット

高速測定モードでは、1時間あたり最大600件の測定が可能で、実際のインデンテーション曲線が得られます。アントンパール社のリファレンス機能により温度の安定を待つ必要がないので、設置後すぐに、1日あたり多数のサンプルを測定できます。ユーザー定義プロファイル、測定プロトコル、複数サンプル測定、カスタマイズ可能なレポートといった特長を持つNHT³は、市場で最もスループットの高い装置です。 

「Sinusモード」で利用できる動的粘弾性測定(DMA)

「Sinusモード」で利用できる動的粘弾性測定(DMA)

Sinusモードでは、DMA分析を行うことで、深さに対する機械的特性の変化(HIT及びEITと深さ)を調査し、サンプルの粘弾性特性(E'、E'': 貯蔵/損失弾性率、tan δ)を評価することができます。また、すばやい圧子校正や応力-ひずみ分析などの追加機能も提供されます。 

技術仕様

最大荷重[mN] 500
荷重分解能[nN] 20
荷重ノイズフロア[rms] [μN] ≤0.5
荷重速度[mN/min] 最大10000
深さレンジ[μm] 200
深さ分解能[nm] 0.01
深さノイズフロア[rms] [nm] ≤0.15
サンプリングレート[kHz] 192
オプション
液体試験

アントンパール社の認定サービス

アントンパール社のサービス/サポート品質:
  • 世界中で350人を超えるメーカー認定専門技術者
  • お客様の地域の言語による確かなサポート
  • 稼動期間全体にわたりお客様の投資を保護
さらに詳しく

書類

関連製品