推奨される結果

    The RheolabQC is the quality control rheometer from Anton Paar. RheolabQC with temperature device C-PTD 180/AIR/QC and with Flexible Cup Holder.
    The RheolabQC temperature accessories cover a temperature range from -20 °C to +180 °C.
    Available standard measuring systems for the RheolabQC

回転式レオメータ:RheolabQC

RheolabQCは、研究開発用レオメータにも採用されている最先端の技術に基づいた回転式レオメータです。比類のない性能、優れた操作性、及び堅牢な設計という要素を全て備えています。フローカーブ降伏点の迅速な単一点チェックから複雑な粘弾性評価までRheolabQCは日常的な粘弾性試験の新たな標準となるシステムです。このパワフルなレオメータにはあらゆる技術的可能性が取り込まれ、優れた最新測定システムとして柔軟で信頼性の高いシンプルな操作を実現しています。

お問い合わせ 書類検索

特長

粘度の測定 – 単一点測定から複雑な粘弾性試験まで

RheolabQC回転式レオメータは低粘度サンプルから半固体サンプルまでのせん断粘度を測定します。単一点測定以外にも、フローカーブと粘度カーブを測定してサンプルの粘弾性挙動を解析することが可能です。RheolabQCでサンプルが理想粘性(ニュートン流体)、ずり流動化(擬塑性流体)、ずり粘稠化(ダイラタント流体)のいずれの挙動を示すのかを簡便に評価。降伏点の決定、チキソトロピー、温度の試験は、サンプル挙動を理解する上での重要な手掛かりとなります。ユーザーはせん断速度制御(CSR)またはせん断応力制御(CSS)のどちらかの設定を選択できます。パワフルでダイナミックなECモータードライブによって、回転速度とトルクの極めて迅速な(ms以内の)変更が可能です。

1つの回転式レオメータで広範なアプリケーションをカバー

回転速度とトルクの範囲が広く、1つの装置で多種多様なサンプルの測定が可能です。塗料、コーティング剤、チョコレートや乳製品などの食品サンプルから、潤滑油やアスファルトなどの石油化学製品に至るまで、RheolabQCはあらゆる種類の低粘度サンプルと半固体サンプルの測定を素早く簡単に実行できます。製薬業界のお客様向けに21 CFR Part 11に準拠した製薬向けの適格性評価パッケージもご用意しています。

単一点の粘度測定に加え、降伏点評価などのより高度な粘弾性測定も簡単。

RheolabQCはスタンドアロンモードまたはソフトウェア制御モードでの操作が可能です。この装置にはデータエクスポート用ソフトウェアが無償で付属しています。そのため装置からPCへ測定データの転送が可能です。測定治具を自動認識する特許取得済みのツールマスター(Toolmaster™)がミスのない操作をサポートします。またネジ留め不要のクイックコネクトカップリング機能によって測定治具の素早く簡単な取付と交換が可能です。

広範なアプリケーションに対応する様々な測定治具とアクセサリー

RheolabQCに様々な測定治具やアクセサリーを組み合わせて幅広いアプリケーションに対応することができます。

  • 共軸円筒型測定システム(DIN EN ISO 3219及びDIN 53019準拠):
    粘性液体と粘弾性液体用(低粘度サンプルからクリームなどの半固体サンプルまで)
  • ダブルギャップ測定システム(DIN 54453準拠):
    低粘度のサンプル用(<100 mPa.s)
  • 各種の回転翼とスピンドル:
    粒子(>0.1 mm)を含むサンプル用または沈殿しやすいサンプル用(分散体など)
  • クレブス型スピンドル(ASTM D562準拠):
    特にクレブス単位で粘度を測定している塗料、建築、鉱業分野のお客様向け
  • フレキシブルカップホルダー:
    アルミ缶(塗料、コーティング剤)や500 mLビーカーなどのサンプル容器に測定ボブを直接浸漬する場合
  • ボール測定システム:
    建築材料(セメント、コンクリート、しっくい)、果肉片の入ったヨーグルトやジャムなど、比較的大きな粒子を含むサンプル用

高速かつ高精度な温度制御

RheolabQCではペルチェ温度制御システム(温度範囲: 0 ~180 °C)が利用可能です。このペルチェシステムは高速の昇温速度(8 K/min)と降温速度(4 K/min)、そして優れた温度精度が特長です。また空冷式のため循環水温度制御システムを追加する必要がありません。

 

技術仕様

仕様測定範囲
回転速度0.01~1200 1/min (rpm)
トルク0.20~75 mNm
せん断応力0.5~3 x 104 Pa
せん断速度10-2~6500 1/s
粘度範囲
(測定システムによって異なる)
1~109 mPas
温度範囲-20~180 °C
変位角分解能2 µrad
物理的変数(測定値または評価値)
  • 回転速度
  • トルク
  • せん断速度
  • せん断応力
  • せん断粘度
  • 温度
  • 時間
  • 変形
  • コンプライアンス
  • 降伏応力
  • フローカーブと粘度カーブ
  • チキソトロピー
  • 時間及び温度試験

試験分析規格

D

DIN 3219
DIN 53019-1
DIN 53019-2
DIN 1342 1-3

E

EN 3219

I

ISO 3219
IOCCC 2000

P

Ph.Eur. 2.2.10 - 回転式粘度計法
Ph.Eur. 2.2.8 - 粘度

U

USP 912 - 回転式レオメータ法

アプリケーションレポート

アクセサリー

あなたの選択: 絞り込みをリセット X
産業分野
業種
試験分析規格
Showing to of

同様の製品