これは必須入力項目です。
Invalid
製品番号

MCR用アクセサリー:
ボール測定システム & 建築材料測定セル

  • 材料特性評価を拡張するためのアクセサリー
  • 大粒子レオロジーのための測定システム
  • 建材、食品、スラリー、スラッジ向けに設計
  • 内蔵の温度制御機能
オンライン限定価格 | 税抜税込 0消費税
価格
はお問い合わせください
ご購入情報
アントンパールの機器をオンラインで購入
製品番号:
オンラインの販売状況をチェック 見積を受け取る この製品をオンラインで購入
納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月

大きな粒子を含む懸濁液は、正確なレオロジー特性評価を行うことが困難です。コーンプレート、パラレルプレート、または共軸円筒のような標準的な測定形状は、粒子がない、または非常に小さな粒子や顆粒のある材料にのみ適しています。ボール測定システム(BMS)建築材料測定セル(BMC)は、この制約を克服し、大粒子レオロジーへの扉を開きます。  

主な機能

ボール測定システム: 大粒子レオロジーへの扉を開く

ボール測定システム: 大粒子レオロジーへの扉を開く

ボール測定システム (BMS)は、多くの食品サンプルのような大きな粒子を持つサンプルの流動特性を測定するために開発されました(そのようなサンプルの一般的な粒子径は1 mm~10 mmです)。測定原理はMüller-Thyrach*によって開発されたもので、カップの中で偏心回転するボール(球体)をベースとして、望ましくない滑り、滑動、乱れたエッジを回避します。ボールはさまざまな直径のものがあり、広範囲のサンプル粘度を測定することができます。サンプルの温度制御は、-10~70 °Cの範囲で正確に行うことができます。優れたモーター制御により、測定システムの1回の回転ですべてのフロー曲線と粘度曲線を記録することができます。生成された流動場の統合解析により、粘度やせん断速度などのレオロジーパラメータをオンラインで計算することができます。

適したレオメータ: MCRシリーズRheolabQC

建築材料測定セル: 品質管理と製品開発のための設計

建築材料測定セル: 品質管理と製品開発のための設計

建築材料測定セル(BMC)は、建材(セメント、コンクリート、石膏)などの粒子径5 mmまでの懸濁液やペースト状の材料の測定を可能にし、加工性、保存可能期間、流動性などに関して信頼性の高い情報を提供します。交換可能で堅牢、清掃が容易なインセットケージと特殊なスターラーは、研磨剤に対する耐性があり、サンプルの滑りを防止し、改良された撹拌効果によって分離を防ぎます。サンプルと接触する表面はすべてステンレス製です。ボール測定システムに比べて必要なサンプルの量が大幅に少なく、0~90 °Cの範囲でサンプルのペルチェ温度制御が可能です。高度なレオロジー特性評価のために、振動中の動的測定を含むすべての一般的な試験モードが利用可能です。 

適したレオメータ: MCRシリーズ

実生活のサンプルの直接レオロジー特性評価

実生活のサンプルの直接レオロジー特性評価

実生活のさまざまな材料には、設計上、大きな粒子が含まれています。これらの粒子は、食品の口当たり、一般的な流動特性、沈降挙動、建築材料の添加物の影響などに対して重要な役割を果たします。そのため、これらの粒子を製造工程や最終製品で避けることはできません。

このような材料の一般例:

  • 建築材料(セメント、コンクリート、石膏など)
  • 食品(果肉入りマーマレード、ミートソース、ライスプディングなど)
  • その他の粗い懸濁液(スラリー、スラッジなど)


建築材料のレオロジー研究についての詳細はこちら

アントンパール認定サービス

サービスとサポートにおけるアントンパールの品質:
  • 世界各地に350名以上のメーカー認定の技術者がいます。
  • お客様の言語でサポート
  • ライフサイクル全体にわたる資産の保護
  • 3年保証
さらに詳しく

書類

互換装置

選択項目: 全てのフィルターをリセットする X
産業分野
アプリケーション
対応する標準規格
表示 /

*LÄUGER, J.、MÜLLER, M.、TYRACH, J. (1999)。大粒子懸濁液のための新規ボール測定システム。Applied Rheology、7月/8月号、pp.145-147。