ナノマテリアル研究

Powering your Curiosity

ナノマテリアルは、ここ数十年の間に成し遂げられた偉大な技術的成果を支えるものです。医療、再生可能エネルギー、化粧品、建築材料、電子機器など、さまざまな分野で画期的な改良のベースとなっています。ナノマテリアルは、新素材の可能性に満ちているため、その特性と相互作用は重要な研究課題となっています。アントンパールは、世界中の研究者が信頼を置くパートナーです。世界の上位100大学*のうち96校で、日常的にアントンパールの機器が使用されています。

問い合わせる

Anton Paar プロダクト

選択項目: 全てのフィルターをリセットする X
操作のタイプ
対応する標準規格
製品グループ
デバイスタイプ
表示 /

結果が見つかりませんでした!

4軸ゴニオメータ用のドーム型冷却ステージ: DCS 500

DHS 1100は、グラファイト製ドームを備えた4軸ゴニオメーター用のドーム型加熱ステージです。25~1100 °Cまでの多結晶サンプルや薄膜のX線回折に使用されます。

4軸ゴニオメータ用のドーム型加熱ステージ:DHS 1100

Anton Paarバイオインデンタ: UNHT³ Bio

HTR: 高サンプルスループット及び複雑なサンプル処理を実現するレオメータ自動化

HTRコンパクト: 高サンプルスループットを実現するレオメータオートサンプラー

Revetest®スクラッチ試験機: RST³

SAXS/WAXS/BioSAXSシステム: SAXSpace

SAXS/WAXS/GISAXS/RheoSAXSラボ用ビームライン: SAXSpoint 5.0

XRDソフトウェア: XRDanalysis

XRD用電動調整: Z調整ステージ

ウルトラナノインデンテーションテスタ: UNHT³

カスタマイズ可能なラボ自動化ソリューションHTX

ガス吸着アナライザー: QUADRASORB evo

高温チャンバHTK 1200Nは、1200 °Cまでの高温で、反射法と透過法を組み合わせたXRD測定に使用されます。

キャピラリーエクステンション:HTK 1200N

コンパクトなラマン分光計: Cora 5001

コーティング膜厚測定: カロテストシリーズ

Abbematスタンダード

デジタルパフォーマンス屈折計: Abbemat

Abbemat Heavy Duty

デジタルヘビーデューティーライン屈折計: Abbemat

ナノインデンテーションテスタ: NHT³

ナノスクラッチテスタ: NST³

ピンオンディスクトライボメータ: TRB³

マイクロコンビテスタ: MCT³

マイクロ波リアクター:Monowave

マイクロ波分解システム: Multiwave 5000

マイクロ波前処理装置: Multiwave 7000

マイクロ波前処理装置: Multiwave GO Plus

モジュラーコンセプトレオメータ: MCR 102e/302e/502e

モジュラーコンパクトレオメータ: MCR 72/92

低温チャンバー:TTK 600

低温・高湿チャンバCHC plus+は、汎用のCHC低温・高湿チャンバに高度な湿度(RH)発生器を組み合わせた独自の製品です。X線回折を使用して、湿度または温度に依存する材料の構造変化を分析できます。

低温・高湿チャンバー:CHC plus⁺

全自動多目的X線回折装置: XRDynamic 500

動的粘弾性レオメータ測定ヘッド: DSR 502

原子間力顕微鏡: Tosca

Reactor Chamber: XRK 900

反応チャンバー:XRK 900

合成リアクター: Monowave 50

マルチウェーブ屈折計Abbemat WR/MW

多波長屈折計: Abbemat MW

密度・音速計: DSA 5000 M

引張ステージTS 600 - 繊維やホイル、薄膜の応力/歪み現象のIn-Situ X線回折に使用するサンプルステージです。

引張応力ステージ:TS 600

携帯型ラマン分光計: Cora 100

比表面積分析装置: AUTOFLOW BET+

水銀圧入孔径分析装置: PoreMaster

真密度測定用5ステーションガスピクノメータ: PentaPyc及びPentaFoam

真密度測定装置: Ultrapyc

High Temperature Vacuum Tribometer

真空トライボメータ: TRB V / THT V

真空式及びフロー式の脱ガス装置: FloVac

真空式脱ガス装置: XeriPrep

粒子分析用ソフトウェア: Kalliope™

粒子径分布測定装置: Litesizer

自動タップ密度計: Autotap

自動フロー化学吸着アナライザー:ChemBET Pulsar

自動代表サンプル分析装置: マイクロロータリー縮分器

落球式粘度計: Lovis 2000 M/ME

蒸気吸着・ガス吸着分析装置: VSTAR

表面積/細孔径分析装置: NOVAtouch

高圧ガス吸着装置: iSorb

HKT 1200N - 堅牢な設計の高温チャンバで、1200 °Cまでの様々な雰囲気下でのIn-Situ X線回折に使用されます。

高温オーブンチャンバー:HTK 1200N

高温ストリップヒーターチャンバー:HTK 16N | HTK 2000N

Temperature Tribometer

高温トライボメータ: THT

高温粘度計・レオメータ: FRS

高真空物理/化学吸着分析装置: autosorb iQ

表示 /

Quantachrome プロダクト

メリット

ナノ粒子

ナノ粒子は、バイオメディカル、製薬、エネルギー貯蔵技術など、様々な分野で使用される超微粒子です。ナノ粒子はその大きさゆえに、追跡や測定が困難ですが、目的に合わせて設計するためには、その特性を知ることが不可欠です。ナノ粒子の製造や特性評価には、マイクロ波合成、原子間力顕微鏡、動的光散乱、SAXS、レーザー回折など、さまざまな測定技術を用いることができます。

さらに詳しく

2Dマテリアル

単層材料は、ナノサイズのひずみゲージ、生体インプラント用のナノ結晶TiO2コーティング、成長現象における原子ステップテラスの影響など、非常に多様な用途で研究の焦点となっています。また、電池のエネルギー伝達をより速く、より効率的にするために、陽極または陰極部品の2D材料の結晶性を研究することもあります。アントンパールの様々な測定ソリューションや技術は、温度制御された斜入射小角X線散乱(GISAXS)、原子間力顕微鏡(AFM)、表面ゼータ電位、ガスピクノメトリーなど、2D材料の特性評価において重要な役割を果たしています。

さらに詳しく

量子ドット

大きな粒子とは異なる電子的・光学的特性を持つ量子構造を実現するには、物理的特性を完全に理解するだけでなく、量子ドットを制御して製造する必要があります。量子ドットの研究には、マイクロ波照射による粒度分布の狭い均一なナノ粒子の合成、原子間力顕微鏡(AFM)による自己集合型ヒ化インジウム量子ドットの特性評価など、アントンパールの技術が活用されています。

さらに詳しく

ナノワイヤ、ナノファイバー、ナノロッド

ナノワイヤは、そのエネルギーレベルから、通常のバルク材料では見られない特性を持っています。そのため、センサーやフレキシブル透明電極の作成が期待できるだけでなく、他の多くの電子機器用途にも使用されています。さらに、ナノワイヤ、ナノファイバー、ナノロッドは、生物医学的な用途においても重要であり、生体細胞/組織との相互作用を高めるために表面を改質するのに使用されます。アントンパールのマイクロ波合成装置と原子間力顕微鏡装置を使って、ナノワイヤ、ナノファイバー、ナノロッドを分析してみましょう。

さらに詳しく

カーボンナノチューブと生物学的ナノマテリアル

単層と多層に分けられるカーボンナノチューブは、電気や熱の伝導性や引っ張り強度に優れています。カーボンナノチューブは、特に電子機器、光学、複合材料の分野で、多くの材料科学的アプリケーションに使用されています。この分野の研究では、マイクロ波合成とSAXSが重要な手段となります。生物学的ナノマテリアルというと、一般的にはナノ粒子を思い浮かべますが、他のナノマテリアルもドラッグデリバリーや再生医療などの用途で非常に有用であることが分かっています。

さらに詳しく

ウェブセミナー

製品、アプリケーション、科学的なトピックに関するライブのウェブセミナーや記録を提供しています。

ウェブセミナー概要を見る