最終製品に含まれるナノマテリアル

Powering your Curiosity

分散液や懸濁液、複合材料、膜、ポリマー、半導体などの最終製品に含まれるナノマテリアルは、最高の品質を保証するため、適切な特性評価が必要です。

最終的にナノマテリアルが使用された後も、当社の仕事はまだ終わりません。品質や機能を保証するには、最終製品の製造後にも評価すべき特性が多く残っています。アントンパールの装置は、多くの企業の研究部門で使用されており、電子機器、包装、塗料、コーティング剤、インク、繊維、化粧品などの高品質な製品を生み出しています。

問い合わせる

Anton Paar プロダクト

選択項目: 全てのフィルターをリセットする X
操作のタイプ
対応する標準規格
製品グループ
デバイスタイプ
表示 /

結果が見つかりませんでした!

4軸ゴニオメータ用のドーム型冷却ステージ: DCS 500

DHS 1100は、グラファイト製ドームを備えた4軸ゴニオメーター用のドーム型加熱ステージです。25~1100 °Cまでの多結晶サンプルや薄膜のX線回折に使用されます。

4軸ゴニオメータ用のドーム型加熱ステージ:DHS 1100

Anton Paarバイオインデンタ: UNHT³ Bio

HTR: 高サンプルスループット及び複雑なサンプル処理を実現するレオメータ自動化

HTRコンパクト: 高サンプルスループットを実現するレオメータオートサンプラー

Revetest®スクラッチ試験機: RST³

SAXS/WAXS/BioSAXSシステム: SAXSpace

SAXS/WAXS/GISAXS/RheoSAXSラボ用ビームライン: SAXSpoint 5.0

XRDソフトウェア: XRDanalysis

XRD用電動調整: Z調整ステージ

ウルトラナノインデンテーションテスタ: UNHT³

カスタマイズ可能なラボ自動化ソリューションHTX

ガス吸着アナライザー: QUADRASORB evo

高温チャンバHTK 1200Nは、1200 °Cまでの高温で、反射法と透過法を組み合わせたXRD測定に使用されます。

キャピラリーエクステンション:HTK 1200N

コンパクトなラマン分光計: Cora 5001

コーティング膜厚測定: カロテストシリーズ

Abbematスタンダード

デジタルパフォーマンス屈折計: Abbemat

Abbemat Heavy Duty

デジタルヘビーデューティーライン屈折計: Abbemat

ナノインデンテーションテスタ: NHT³

ナノスクラッチテスタ: NST³

ピンオンディスクトライボメータ: TRB³

マイクロコンビテスタ: MCT³

マイクロ波リアクター:Monowave

マイクロ波分解プラットフォーム: Multiwave 5000

マイクロ波前処理装置: Multiwave 7000

マイクロ波前処理装置: Multiwave GO Plus

モジュラーコンパクトレオメータ: MCR 72/92

モジュラーコンパクトレオメータ: MCR 102e/302e/502e

低温チャンバー:TTK 600

低温・高湿チャンバCHC plus+は、汎用のCHC低温・高湿チャンバに高度な湿度(RH)発生器を組み合わせた独自の製品です。X線回折を使用して、湿度または温度に依存する材料の構造変化を分析できます。

低温・高湿チャンバー:CHC plus⁺

全自動多目的X線回折装置: XRDynamic 500

動的粘弾性レオメータ測定ヘッド: DSR 502

Reactor Chamber: XRK 900

反応チャンバー:XRK 900

合成リアクター: Monowave 50

マルチウェーブ屈折計Abbemat WR/MW

多波長屈折計: Abbemat MW

密度・音速計: DSA 5000 M

引張ステージTS 600 - 繊維やホイル、薄膜の応力/歪み現象のIn-Situ X線回折に使用するサンプルステージです。

引張応力ステージ:TS 600

携帯型ラマン分光計: Cora 100

比表面積分析装置: AUTOFLOW BET+

水銀圧入孔径分析装置: PoreMaster

真密度測定用5ステーションガスピクノメータ: PentaPyc及びPentaFoam

真密度測定装置: Ultrapyc

High Temperature Vacuum Tribometer

真空トライボメータ: TRB V / THT V

真空式及びフロー式の脱ガス装置: FloVac

真空式脱ガス装置: XeriPrep

粒子分析用ソフトウェア: Kalliope™

粒子径分布測定装置: Litesizer

自動タップ密度計: Autotap

自動フロー化学吸着アナライザー:ChemBET Pulsar

自動代表サンプル分析装置: マイクロロータリー縮分器

落球式粘度計: Lovis 2000 M/ME

蒸気吸着・ガス吸着分析装置: VSTAR

高圧ガス吸着装置: iSorb

高温ストリップヒーターチャンバー:HTK 16N | HTK 2000N

Temperature Tribometer

高温トライボメータ: THT

高温粘度計・レオメータ: FRS

高真空物理/化学吸着分析装置: autosorb iQ

表示 /

メリット

懸濁液と分散液

ナノ粒子は、ナノデバイスからハイブリッド複合材料まで、様々な種類の新しい機能性材料の原料となります。商業的に応用・加工するには、凝集のないナノ粒子分散液や懸濁液を開発して特性を評価し、例えば塗布挙動を制御することが必要です。アントンパールの様々な高精度機器を用いて、セルロース溶液中のせん断誘起配向効果、ナノマテリアル含有のグラフェンコーティング剤の粘度、無機ナノ粒子粉末をベースにした塗料やコーティング剤の塗布挙動、CMPスラリーの粘度などを研究しています。

さらに詳しく

複合材料

複合材料は、2つ以上の材料の異なる特性を組み合わせて、各成分とは異なる特性を持つ新しい材料を形成します。複合材料が固溶体や混合物と異なるのは、個々の成分が独立したままであるという点です。そのため、複合材料の特性を調べ、理解することは、その応用において非常に重要です。アントンパールは、レオロジー調査や、ガス吸着分析装置を用いた金属有機構造体(MOF)の細孔径の特性評価において、最高のパートナーとなります。

さらに詳しく

ナノコンポジット膜の開発は、水処理や廃水処理において重要な研究課題となっています。例えば、中空糸膜(HFM)は、中空糸の形で半透膜を含んでいます。HFMにおける最大の関心事は、細孔径と細孔分布に関するものです。アントンパールの装置は、バイオメディカル用途のキャピラリーフローポロメトリーに加え、ナノマテリアルを測定する他の技術も提供しています。

さらに詳しく

ポリマー

テクノロジーや日常生活の中でポリマーが広く使われているのは、優れた化学的・物理的特性、加工性、そして比較的低コストであることが理由です。ポリマーの幅広い応用は、ポリマーの特性や挙動を理解し、開発することでしか実現できません。ポリマーナノ構造でもポリマーナノコンポジット(PNC)でも、アントンパールの一連の測定技術を利用すれば、様々な研究調査を行うことができます。

さらに詳しく

半導体

ナノ構造の理解と特性評価は、情報処理、フルカラーディスプレイ、新しいセンサー技術などの幅広い分野で、これまでにない技術の開発に不可欠な役割を果たしています。アント ンパールのソリューションは、現代の技術的進歩に貢献しています。例えば、化学的・機械的研磨プロセスを改善するための粒子径の特性評価や表面ゼータ電位の研究、GISAXS(斜入射小角X線散乱)によるナノパターン表面の分析などがあります。

さらに詳しく