推奨される結果

新しいL-Dens 3300密度センサ

低流量用の密度センサ

新しいL-Dens 3300密度センサは、密度と濃度を3桁の高い精度でオンライン測定する、強力で柔軟性の高い測定装置です。液体及び気体の密度・濃度を継続的に測定します。幅広いアプリケーションプログラムを備えた極めて汎用性の高い製品であり、狭いラボの生産構成にも適合します。W型振動管はガラス製なので、硫酸のような腐食性の高い媒体を測定できます。また、ステンレス鋼製のU字管を使用できます。

将来に向けたデータ管理のために、新しいPico 3000プロセス機器コントローラの生産品別バーションが含まれています。

お問い合わせ 書類検索

特長

完全なソリューション – 開始時に追加オプションが不要

完全なソリューション – 開始時に追加オプションが不要

L-Dens 3300は、内蔵のコントローラ、ユーザーインターフェースと静電容量式タッチキーを備えた高品質なディスプレイ、豊富な組み込みアプリケーションプログラムで構成されており、石油、化学薬品、飲料などの業界や公的研究機関における様々なアプリケーションに幅広く適合します。シンプルなプロセス設置と生産品の連続モニタリングが可能です。

内蔵コントローラの構成は以下のとおりです。

  • 静電容量式タッチキー付きのTFTディスプレイ
  • 組み込みアプリケーションプログラム
経済的な密度測定

経済的な密度測定

このセンサは手頃な価格でありながら、プロセス液体の密度と濃度を3桁の精度で連続モニタリングすることが可能です。スタンドアロンのセンサとして設計されているため、導入に際して追加コストもかかりません。ラボのリアクター、パイロットプラント、製造プラントに最適です。

  • 連続密度測定のための手頃な手段
  • 3桁の精度
  • 温度補正後の密度、°Brix、°Plato、%Alcoholの測定
  • API度、その他の濃度値の測定
  • スタンドアロンの装置
  • 導入に追加コスト不要
低流量での高精度な測定

低流量での高精度な測定

振動U字管方式で密度を測定するU字管は、80 L/h未満の低流量でも正確な測定が可能です。

  • 一体構造のステンレス鋼製振動管は内径2.1 mm、ガラス製振動管は内径2.0 mmです。
  • 流量 80 L/h
接液部に適切な材質を使用することで、コンタミネーションを防止し摩耗を最小限に低減

接液部に適切な材質を使用することで、コンタミネーションを防止し摩耗を最小限に低減

ステンレス鋼またはガラス製の接液部はセンサ素子に対して腐食耐性があり、石油、化学薬品、飲料業界などでの使用に適します。扱いの困難な媒体でも正確でドリフトのない測定が可能です。 

接液部の材質は以下のとおりです。

  • ステンレス鋼
  • ガラス
点検が不要

点検が不要

L-Dens 3300センサは一切点検を必要としません。可動部品がなく、メンテナンスフリーであり、消耗品も必要としません。

技術仕様

L-Dens 3300
バージョン GLS SST
接液部の材質 ホウ珪酸ガラス ステンレス鋼1.4571
プロセス密度範囲500~2000 kg/m3
調整範囲内の精度: 密度測定 1 kg/m3 (1x10-3g/cm3)
プロセス温度 -10~60 °C 10~ 80 °C
CIP/SIP温度と時間 - 95 °C(30分以内)
プロセス絶対圧力 最大6 bar 最大16 bar
周辺温度 -10~40 °C
推奨流量 10~70 L/h 10~80 L/h
通信 2 x アナログ
RS-232
RS-485

全バージョンに対しエラーリレー及びリミットリレー
プロセス接続 G 1/8インチ及び対応アダプター
寸法: (長さ x 幅 x 高さ) 166 mm x 155 mm x 91 mm

書類