タンクターミナルでの安全で効率的な燃料処理

各規格に準拠した検証済みの燃料の製品仕様に基づき、経済的で安全かつ効率的な取引を行うことは、私たちの日常生活に不可欠な商品を扱うタンクターミナルにとって非常に重要なことです。デジタル測定技術は、このような要求を満たすのに最適な技術です。

世界には約6,400のタンクターミナルがあり、大抵は海岸近くや大都市、製油所の近くに位置しています。その総貯蔵量は10億立方メートルを超え、船、 道路、鉄道、タンカー、パイプラインなどで常時供給されています。タンク数は1基から数百基までさまざまですが、これらの施設に共通しているのは、出入りする商品の量と質が、多用途で多忙なこの場所の経済的成功に直結しているということです。

新しい燃料の配送や貯蔵された燃料の出荷時の安全性に加え、貯蔵中の製品品質の安定、意図しない混合や製品の損失の回避は、タンクファームの重要な課題であり、これらはデジタル測定装置によって支えられ、制御され、確保されています。

ディーゼル、ガソリン、ジェット燃料、または混合用エタノールのいずれにおいても、国際的に認められた製品規格(ASTMやENなど)と、そこから派生した現地の同等規格を遵守することは、法的規制を満たし、不具合を回避しなければならないタンクターミナルでの燃料取引にとって最も重要なことです。個々の石油燃料製品は、明確に定義された一連の特性によって正確に評価されており、その特性は測定技術を用いて評価することができます。

これらの目標特性を達成することは、燃料を取引する上で重要であるだけでなく、もちろん、目的とするエンジンを安全かつ適切に作動させる上でも重要です。

次の表は、ディーゼル燃料(EN590準拠)とジェット燃料(ASTM D1655準拠)の燃料特性を示したものです。

ドキュメントのご送付

ドキュメントを受信するには、
以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー