石油産業 下流部門(ダウンストリーム)での体積から質量への変換

炭化水素の輸送、精製、流通は、石油産業の下流部門における巨大な事業です。炭化水素は、精製プロセスにおいて多くの工程が必要です。製品の特性を継続的に監視し、各工程でプロセスを最適化するために、アントンパール社はいくつかの密度測定ソリューションを提供しています。

石油は、輸送における燃料として、化学品製造やさまざまな材料の原料として、そして最も重要なことに、世界中の多くの人々が暖房用燃料として使用している主要な製品です。石油産業は、石油探査から最終製品に至るまで、通常、大きく3つの部門に分けられます。上流部門には、潜在的な油田やガス田の探査、油田の開発(掘削)、生産(採掘した原油やガスを地表に運ぶ)などがあります。中流部門には、採掘した原油から原油、ガス、水、不純物への分離、一時的な貯蔵、製油所への輸送などのフィールド処理工程があります。下流部門には、最終製品にするために必要なすべての生産工程と最終製品の流通を含む、原油の精製があります。特に下流部門では、最終製品の特性を正確に測定することが求められます。

ドキュメントを受け取る

このドキュメントを受け取るには、以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー