濃度センサーによる薬品の荷降ろし中の製品識別

従業員、工場、環境を守り、リスク減らすためのセンサー活用例。 間違ったタンクへ液体を注入すると、大怪我や死亡、設備や環境の破壊の原因となり、 莫大な請求をされる可能性もあります。 Anton Paarのプロセス計測機器を使用してご安全に。

搬入された製品を識別するプロセスセンサを設置することは、安全な荷降ろし手順を行うための大きな一歩となります。このセンサは、荷降ろし用のフランジとタンクの間のパイプに設置されています。荷降ろしされた製品の測定値が予想される液体の値と一致した場合にのみ、バルブが開いて荷降ろしの手順が開始されます。

用途に応じて、密度、音速、屈折率のいずれかが、 荷降ろしされた製品の明確な識別用の最適なソリューションとなります。

製品の識別に加えて、納品された製品の濃度に関する情報も取得します。

アントンパール社は、数十年にわたるプロセス計測の経験を元に、最適なソリューションをご提案します。

アントンパール社のプロセスセンサは、高精度、堅牢、メンテナンス不要で、導入が容易です。当社のグローバルな販売・サービスネットワークと強力なアプリケーション開発チームは、ご要望を伺うことから具現化までプロジェクトのハンドリングを行う完璧な組み合わせです。

ドキュメントのご送付

ドキュメントを受信するには、
以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー