推奨される結果

化学 | 濃度測定

液体薬品の製造においてエネルギー消費を最適化し貴重なリソースを節約するため、プラントオペレーターはプロセスラインで濃度、密度、音速、屈折率などのデータを連続的に測定する必要があります。一般的なラボの分析計を工業用プロセスに持ち込んでも、測定テクノロジーの適切さが問題になるだけでなく、測定結果の運用などにおいて効率的とは言えません。

はじめに

製造に必要な化学反応を行い製品の品質を管理するには、オンラインで濃度を測定する必要があります。これによって、生産中に濃度が変化した場合でも迅速に対応を取ることができます。また、濃度測定は製品の品質を反映します。

化学物質にはそれぞれ物質固有のパラメーター(密度、音速、屈折率など)があり、温度や物質の濃度にも大きく依存します。正確な濃度値を計算するには、測定の精度が高いことが前提となります。これらの値を計算するには、濃度の計算式が必要です。生の測定データ(密度、音速、屈折率)に基づいて濃度を計算することができます。

ドキュメントを受け取る

このドキュメントを受け取るには、以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー