推奨される結果

ラボをデジタル化

密度、粘度、屈折率、または旋光度の観点からサンプルの品質を保証するために、現在アナログ技術をご使用ですか? このことは、商品の一貫した品質管理を遂行するうえで間違いなく深刻な課題となります。また、操作はユーザによって異なる場合があります。

アントンパール社は、お客様がラボをデジタル化して以下のメリットを享受できるようにお手伝いいたします。

  • サンプルから 最大限の情報を引き出す: サンプルの特性に関係なく、液体サンプルからペースト状サンプルまで
  • デジタル化を遂げる: ヒューマンエラーを排除し、結果がユーザーに左右されることのない簡単な測定操作を実現
  • 経験 比類のない使いやすさ: 現代的なデザインと機能性の両立
  • 完全準拠: 21 CFR Part 11の全ての規則に準拠したトレーサブルな結果
  • 完全なトレーサビリティ: 最初の作業ステップから最終結果まで
  • 時間とコストを節約: アントンパール社が実施する適格性評価を手軽にご利用ください。

アントンパール社の装置を2台以上選んで装置を組み合わせることで、お得な割引きをご利用いただけます。
次の中から選択:

密度計

DMA 1001密度計は、4桁の精度での計測が可能なため、薬局方及び21 CFR Part 11に完全に準拠します。DMA 501密度計は、3桁の精度での計測が可能なため、高粘度、不均一、粒子が含まれているサンプルの迅速な品質チェックに最適です。DMA 35は、極めて高速で充填できる携帯型密度計です。DMA 35は、ジェスチャー制御、Bluetoothを介したサンプル及びデータ処理、RFIDインターフェースを備えているため、現場で簡単に使用できます。

特別割引き価格をご利用ください

回転式粘度計

装置調整の自動チェック、スピンドルの自動認識、スピンドルガードの検知により、結果の完全なトレーサビリティが保証されます。ペルチェ温度制御システムを使用すると、極めて正確なサンプル温度制御が保証されます。日々の単一点粘度測定を簡素化するデジタル粘度計ViscoQC 100、または複数点チェックなどに適したViscoQC 300などからお選びください。

特別割引き価格をご利用ください

屈折計

Abbemat 3X00屈折計シリーズは基本的な機能を完備しており、直観的な操作を約束します。あらゆる産業の幅広いアプリケーションに対応する、非常に汎用性の高い装置です。多くのスペース、時間、費用を削減できます。購入後すぐに使用できるこのシリーズは、Brixの測定や複雑なデータ処理を必要としない測定を行う小規模なラボに最適なソリューションです。

特別割引き価格をご利用ください

旋光計

モジュール型小型旋光計MCP 100及びMCP 150は、限られたラボの作業台のスペースで製薬関連法規を遵守する必要がある場合に最適です。無線アクセサリーが、日常業務を簡単かつ安全にします。ペルチェ素子による温度制御機能があるため、サンプル温度が不正確なことに起因する測定エラーの恐れがありません。また、持続性のあるLED光源を使用することで約100,000時間の計測が可能であるため、メンテナンスが最小限に抑えられます。

特別割引き価格をご利用ください

特別割引き価格をご利用ください

ラボをデジタル化

ラボをデジタル化1
*
*
*
*
*
*
*
*
*
ラボをデジタル化2
*
「送信」を選択すると、契約上の義務の履行の目的でアントンパール社が個人データを使用することに同意したものと見なされます。 詳細については、個人情報保護方針に記載しています。