推奨される結果

酸化安定度と低温流動性

酸化安定度と低温流動性

サンプルの環境に応じた挙動を把握する

これらの試験器を使用して、鉱油製品をはじめ化粧品や食品サンプルに含まれる油脂と脂肪の酸化安定性と貯蔵及び熱安定性を評価することができます。低温流動性(低温目詰まり点と曇り点、流動点)を把握することで、軽油や煖房油が支障なく使用可能な最低温度がわかります。

お問い合わせ

Anton Paar 製品

あなたの選択: 絞り込みをリセット X
試験分析規格
機器タイプ
産業分野
Showing to of

5つの理由

自動ソリューション

アントンパール社の自動酸化安定度試験機は、最短時間で再現性の高い反復可能な結果を提供します。液体、固体、半固体サンプルの前処理は不要です。高速で取り扱いも簡単なため、作業者の安全性を維持しながらサンプルのスループットを最大限に高めることができます。

特許取得済みの酸化安定度試験器(誘導期間法RSSOT)

アントンパール社の自動酸化安定度試験機は、液体燃料(ガソリン、軽油、バイオディーゼル/FAME、バイオ混合燃料)の酸化安定度試験における、ただ1つの自動オールインワンシステムであり、国際規格ASTM D7525、ASTM D7545、EN16091、IP 595に完全に準拠しています。

化粧品と食品に最適

このため、食品及び化粧品業界にまで及ぶ幅広いサンプルに最適です。食用油のほか、クリームやローションなどのスキンケア製品など、植物油や動物性油脂を含む製品の保存可能期間を調査できます。

誘導期間法による酸化安定度測定

プログラム可能な圧力計と従来の装置を組み合わせ、酸化容器の漏れ安定性を自動的にチェックします。ASTM D525、ISO 7536、JIS K 2287などに従ってガソリンの誘導期間を評価したり、ASTM D873、JIS K 2276などに従って航空燃料の残滓を予見したりできます。

目詰まり点(CFPP)の測定

アントンパール社のCFPP試験器は、軽油及び混合燃料の低温運転性を測定します。温度が低下すると、軽油サンプルからワックスの結晶が析出し始め、析出量が多くなると結晶が燃料のフィルター通過を阻害するようになります。サンプルの低温流動性を完全に把握するには、自動CFPP試験器を使用して曇り点及び流動点を手動で測定することもできます。