推奨される結果

膜厚測定

膜厚測定

膜厚測定にかかる時間とコストを節約

アントンパール社のカロテストは、迅速、簡単、安価にコーティング膜厚を測定できる装置です。ボールにより形成された研磨痕を測定するシンプルな方法で、単層から多層まで、あらゆるコーティング膜厚を迅速かつ正確に検査できます。また、関連する国際規格に完全に準拠しています。

お問い合わせ

Anton Paar 製品

あなたの選択: 絞り込みをリセット X
試験分析規格
機器タイプ
産業分野
Showing to of

5つの理由

ボールによる摩耗試験法

アントンパール社のカロテストで採用されている、ボールによる研磨痕を測定する方法は、薄膜の厚さを評価するための簡単で信頼性の高い方法です。この方法では、寸法が既知のボールを転がして微小な研磨痕を形成し、その傾斜断面を光学顕微鏡で観察します。

膜厚の高速測定

カロテストでは、わずか1~2分の極めて短い時間でコーティング膜厚を測定できます。このため、膜厚を迅速かつ正確に測定することが要求されるアプリケーションでは、カロテストは最適なソリューションです。

多種多様な材料の測定に対応

アントンパール社のカロテストシステムは、平坦、球形、円筒形のサンプルに使用できます。サンプルに応じた厚さの計算方法は、ISO EN 1071-2に準拠しています。測定対象として、PVDやCVDの塗布層の厚さ、厚膜または薄膜コーティング、透明コーティングなどが上げられます。

「コンパクト」または「インダストリアルタイプ」の2種類の構成

標準のサンプルホルダーに搭載できないほど特に大きなサンプルの場合は、アームとモータのアセンブリを一体で取り外し、付属の磁石付きの脚を使用してサンプル側面に直接固定することができます。ニーズに合わせて、コンパクトまたはインダストリアルタイプのいずれか最適な製品モデルを選ぶことができます。

自動膜厚計算機能を備えた光学測定システム

アントンパール社はコーティング膜厚の測定に必要なソフトウェアを提供しています。このソフトウェアを使用すると、業界のニーズに適合するデータの解析やレポートの印刷を簡単に行うことができます。