推奨される結果

表面電荷とゼータ電位

表面電荷とゼータ電位

比類のない精度、スピード、利便性

表面分析は、工業分野及び生物学分野のアプリケーションにおいて、新素材の評価に欠かせない手段です。表面電荷分析により、ナノメートル領域の小さな粒子から大口径ウェハーまで、表面化学を注意深く監視できます。本来の環境に近いの条件下で、表面処理と表面相互作用による改質結果の深い理解を得ることができます。幅広いアプリケーションにゼータ電位測定を提供するアントンパール社の装置は、既存製品の最適化と新製品の開発において競争上の強みとなります。 

お問い合わせ

Anton Paar 製品

あなたの選択: 絞り込みをリセット X
試験分析規格
機器タイプ
産業分野
Showing to of

5つの理由

1つのパラメーターで多様な材料特性に対応

SurPASS™ 3で測定する固体表面ゼータ電位から、溶質と固体表面間の静電引力または反発力を予測することができます。さらに、Litesizer™では、コロイド分散系の安定性の指標として一般に使用されるナノ粒子のゼータ電位を測定できます。ゼータ電位は、一般に表面の電荷及び官能性を表し、物質の等電点を決定するための前提条件となります。ゼータ電位の従来の用途に加えて、アントンパール社は材料の伝導率、空孔性、膨張に対する相関性を確立しました。

固体表面のゼータ電位

アントンパール社は、固体サンプルと水溶液間の界面におけるゼータ電位の分析を最初に開発したパイオニアです。電位分析装置の継続的な開発により、表面ゼータ電位の測定技術は専門的な手法から日常的なツールへと変わりました。

1つの装置で全てに対応

膜技術、生体材料の用途、半導体、化粧品及び界面活性など、お客様が研究開発に携わる様々な分野の表面分析に適した装置とサンプルホルダーを提供します。

アプリケーションに関する知識

SurPASS™ 3には、25年にわたる表面分析の実績が組み込まれています。適切な測定ソリューションと粒子分析装置Litesizer™を備えたシステムなら、測定可能なサイズをナノメートル領域にまで拡大しても、対応できないアプリケーションはほとんどありません。ゼータ電位データの解析に関するアントンパール社の確かな知識をご活用ください。

高速で信頼性の高いゼータ電位測定

Litesizer™は、特許取得済みのcmPALSテクノロジーを使用してゼータ電位を測定します。cmPALS (欧州特許2 735 870)により、低い印加電圧で非常に短時間に測定を実行できるので、デリケートなサンプルでも信頼性の高い測定結果が得られます。さらに、アントンパール社独自のゼータ電位測定用Ω型キャピラリーセルにより、ゼータ電位測定の安定性と再現性が向上します。