推奨される結果

ChemStar TPX

自動式のフロー化学吸着/反応アナライザー 

ChemStar TPXは、温度範囲が市販品で最も広い (-100~1200 ℃)、完全自動の分析装置です。反応性ガスや蒸気を使う、触媒や反応性固体が対象です。自動分析ルーチン、ガス混合、高度なデータ還元ソフトウェアを備え、パルス滴定、温度プログラム式の分析など、様々な触媒特性評価技術を活用できます。フロー経路やデータ記録は、線形性が高い熱伝導検出器 (TCD) 又は質量分光計 (別売り) で最適化を図っており、ピークでの幅が小さい、精密な結果が得られます。

お問い合わせ カタログをダウンロード

技術仕様

標準サンプルサイズ 0.1~1.0 g
温度範囲 周囲温度~1200 ℃ (オプションで、-100~1200 ℃)
昇温速度 1~30 ℃/min
動作圧力 大気圧
ガス/蒸気の注入 4 担体、4 処理、2 混合
(オプションで、2 補助或いは蒸気源)
ガス流量 10~100 sccm (オプションで、5~50 sccm)
サンプルセルのタイプ 石英U字振動管、泡管、モノリス管
一次検出器 4-フィラメントTCD、物質は選択可 (W、Au/W)
フロー経路の材料 316ステンレス鋼、1/16" 管
シール Viton、Buna-N、Kalrezから選択
寸法(幅 x 高さ x 奥行) 56 cm x 60 cm x 61 cm
重量 55 kg
標準能力 温度プログラム式の脱着 (TPD)
温度プログラム式の還元 (TPR)
温度プログラム式の酸化 (TPO)
温度プログラム式の反応 (TPRx)
触媒の取り扱い
フローBET表面積
パルス滴定
パルス校正