推奨される結果

NOVAtouchシリーズ

高い処理能力を持った比表面積/細孔径の分析装置

NOVAtouchシリーズは、世界数百の研究所で採用されています。高速かつ高い処理能力で容積を測定できる真空式のガス吸着装置です。品質管理用や研究所向けに、需要の高い表面積及び孔径の分析能力を備え、お求めやすい価格で実現しました。2つ又は4つの分析ステーションと、4基の組み込み脱ガスステーション (真空式又はフロー式) から成り、設置面積を抑えつつ、高い性能を実現しています。 21 CFR Part 11 (連邦規則第21章第11条) に準拠したソフトウェアが、薬学系の顧客向けに付属しています。

お問い合わせ カタログをダウンロード

技術仕様

一般仕様
周囲温度の範囲 15~40 ℃
相対湿度 <80 %
寸法(幅 x 奥行 x 高さ): 61.6 cm x 49.2 cm x 82.9 cm
重量 43 kg


分析機能の仕様
分析ステーション 2基 (NOVAtouch LX2) 又は4基 (NOVAtouch LX4)
吸着質 窒素、アルゴン、二酸化炭素その他の不活性ガス
表面積の範囲 0.01 m²/g以上 (上限なし)
細孔容積 (STP) <0.0001 cc/g
細孔容積 (液体) <2.2 x 10⁻⁶ cc
全細孔容積 選択可能なP/P0
細孔径範囲 3.5~5000 Å*
再現性 <2 % (標準)
最大分析時間 >40時間 (液体窒素の場合)
冷媒の液量の制御 CLS冷却液センサ
脱ガスステーション数 4 (真空式とフロー式が可能)

* 3.5~20 Åの範囲は、CO₂を使って炭素系のサンプルを分析する場合のみ

圧力仕様
圧力センサの精度 >±0.01 % (全範囲に対して)
圧力範囲 0~0.13 MPa
圧力分解能 0.00006 トール (60 マイクロトール)
Poの測定 専用Poセンサを使って定期的に

書類