microelectronics

マイクロエレクトロニクス

高い機能を備え小型化した電子部品の生産は、エレクトロニクス業界において継続的に重要性を増している分野です。ここで重要な性能要素は、化学構造、材料の純度、組成、はんだ付けの特性などです。アントンパール社はこれらの要素を分析する様々な手法を提供します。下記の装置リストでは、お客様固有の様々なニーズに応える測定装置をご紹介しています。また、当社に直接お問い合わせいただければ、最適なソリューションを見つけるお手伝いをいたします。

Get in touch

Anton Paar 製品

選択項目: 全てのフィルターをリセットする X
操作のタイプ
対応する標準規格
製品グループ
デバイスタイプ
表示 /

結果が見つかりませんでした!

Litesizer™ 100

Litesizer™ 500

Monowave 450: マイクロ波加熱抽出を自動化

ウルトラナノインデンテーションテスタ: UNHT³

コンパクトタイプカロテスト (CAT²c)

Perfect results with automatic cleaning and needle washing using up to three cleaning solvents.

サンプルチェンジャ: Xsample 530

ナノインデンテーションテスタ: NHT³

ナノスクラッチテスタ: NST³

ピンオンディスクトライボメータ: TRB³

マイクロインデンテーションテスタ(MHT³)

マイクロスクラッチテスタ(MST³)

マイクロ波でサンプルを濃縮するローター8EVAPは、モジュール型のマイクロ波サンプル前処理システム、Multiwave PRO用の革新的なアクセサリーです。8つの容器で同時に処理できるため、マイクロ波加熱を利用した酸とサンプル水溶液の濃縮作業を大幅に簡略化し、時間を短縮します。

マイクロ波による気化: ローター8EVAP

16の耐高圧容器を備えた酸分解ローター16HF100は、高速サンプルスループットと効率的な処理の実現を目指して設計された製品です。

マイクロ波前処理装置: ローター16HF100

16の耐圧容器を備えた酸分解ローター16MF100は、高速サンプルスループットと効率的な処理の実現を目指して設計された製品です。

マイクロ波前処理装置:ローター16MF100

ローター1DRYは、分解前サンプルの効率的な処理に最適なアクセサリーです。マイクロ波加熱による乾燥は、従来の方法と比較して所要時間が4分の1と短く、サンプルの炭化や汚染もありません。

マイクロ波加熱による乾燥: ローター1DRY

ローター16SOLV HF100はマイクロ波加熱による有機及び無機サンプルの分解・抽出に対応し、Multiwave PROの可能性を広げます。スクリューキャップを交換すれば、簡単に酸分解用にアップグレードできます。

マイクロ波抽出: ローター16SOLV HF100

ローター16SOLV MF100はマイクロ波加熱による有機及び無機サンプルの分解・抽出に対応し、Multiwave PROの可能性を広げます。スクリューキャップを交換すれば、簡単に酸分解用にアップグレードできます。

マイクロ波抽出: ローター16SOLV MF100

レオメータ: MCR 102、MCR 302、MCR 502

レベテスト®スクラッチテスタ(RST³)

動的粘弾性レオメータ測定ヘッド: DSR 502

Cora 7X00 Raman Spectrometer with Fiber-optic probe

卓上ラマン分光計: Cora 7X00

密度・比重・濃度計: DMA 1001

密度・比重・濃度計: DMA 4100 M

密度・比重・濃度計: DMA 4500 M

密度・比重・濃度計: DMA 5000 M

密度・音速計: DSA 5000 M

Abbemat Heavy Duty

屈折計: Abbematプロフェッショナルライン

引張ステージTS 600 - 繊維やホイル、薄膜の応力/歪み現象のIn-Situ X線回折に使用するサンプルステージです。

引張応力ステージ:TS 600

Cora 5X00 Raman Spectrometer

携帯型卓上ラマン分光計: Cora 5X00

携帯型密度・比重・濃度計: DMA 35 Basic

携帯型密度・比重・濃度計: DMA 35

Multiwave PROのローター8Nに温度プローブを取り付けた場合の上面図。

温度プローブ

High Temperature Vacuum Tribometer

真空トライボメータ(VTHT/VTRB)

HPA-Sは、湿式化学におけるAAS、ICP、及びボルタンメトリ―の高圧サンプル前処理において究極の性能を発揮します。HPA-Sを用いた酸分解法は、標準手順として国際的にも高く評価されており、日常作業において高い性能を発揮する方法として数多くのラボで導入されています。

高圧分解:HPA-S高圧アッシャー

高温ウルトラナノインデンテーション(UNHT³ HTV)

HKT 1200N - 堅牢な設計の高温チャンバで、1200 °Cまでの様々な雰囲気下でのIn-Situ X線回折に使用されます。

高温オーブンチャンバー:HTK 1200N

表示 /