軟化点測定機:RKA 5

環球式軟化点測定機RKA 5は、物質が特定の柔らかさに達する温度(軟化点)を自動測定します。この装置は、明確に定義される融点がなく、温度の上昇と共に軟化し粘度が減少するサンプルに使用されます。
RKA 5はボールのセンタリング機構とディスペンサー機構を備え、ビチューメン、ワックス、接着剤、樹脂、ポリマー、路面表示材、封止用コンパウンドの測定に適しています。

Get in touch ドキュメントの検索

主な機能

メリット

  • 各試験ごとの温度上昇率のグラフにより、規格への適合を確認
  • 多点温度校正
  • 気泡の誤検出に対する防止機能
  • 標準規格の要件に準拠した結果の自動評価
  • 統計及びデータベース機能
  • 加熱システムは防滴構造で密閉されているため、安全に操作でき清掃が簡単

優れた操作性

  • レーザースキャナーシステムはビーカーの断面全体をスキャンします。これにより、非常に高い信頼性で球の落下を検出できます。
  • 革新的な操作方法であるスマートジョグホイール操作システム(回転と押下)及びPmove®の採用により、事前設定の標準プログラムからの選択、または20個のユーザー定義設定からの選択が簡単にできます。

ユーザーによる柔軟なカスタマイズ

  • 軟化点が80 °Cを超えるサンプルの場合は、自動電磁ボールディスペンサー機構(オプション)を推奨します。
    このオプションは、標準の試験ラック及びセンタリングガイドと2個の電磁ホルダーを組み合わせた構成で、試験開始15分後にボールを自動的に送出します。
  • サンプル識別の更新に便利なバーコードリーダー(オプション)もご利用いただけます。

技術仕様

Configuration (設定) RKA 5には試験ラック、ボールの手動センタリング機構、ディスペンサー機構が付属
適用範囲 最大200 °C
同時処理サンプル数 2
加熱 赤外線照射、ROBAX®加熱プレート、防滴
撹拌 100~150 rpm (プログラムによって異なる)
ディスプレイ 5インチカラーディスプレイ、グラフィカルなメニュー案内
試験後の冷却 強力なファン
温度プローブ Pt100 (4線式、金接点)
インターフェース RS232、USB x 3、LAN、LIMS互換
電源 115 Vまたは230 V、50/60 Hz、1.2 kW
寸法 230 mm x 470 mm x 520 mm (幅 x 奥行 x 高さ)
重量 約12 kg
分解能 0.1 °C

対応する標準規格

A

AASHTO T53
ASTM D36

E

EN 1427

I

IP 58

J

JIS K 2207

アントンパール社の認定サービス

アントンパール社のサービス/サポート品質:
  • 世界中で350人を超えるメーカー認定専門技術者
  • お客様の地域の言語による確かなサポート
  • 稼動期間全体にわたりお客様の投資を保護
さらに詳しく