推奨される結果

2018-07-23 | Corporate

RapidOxy 100の等級付け

酸化安定度と、端的に言えば品質保持期限が、多くの製品にとって重要な基準です。アントンパールProveTecのRapidOxy 100を使用すると、これを正確に決定できます。この測定装置は今年の初めに発売されました。測定原則は、どれだけの量の酸素が吸収され、生成物によって化学的に結合される可能性があるかに基づきます。これは、最終的に損傷の原因になります。米国材料試験協会(ASTM)では最近、RapidOxy 100を使用した公式の標準メソッドを「ASTM D8206: 潤滑グリースの酸化安定度試験器の標準試験方法 – 酸化安定度試験装置(RSSOT)」というタイトルで公開しました。

試験手順はシンプルです。技術者は4gのサンプルをガラス製プレートに充填してRapidOxy 100に配置し、700 kPaの圧力で純酸素を装置に装填します。最高で180度まで加熱すると、測定チャンバーの圧力降下を確認できます。これには数日間かかることがあります。酸素がサンプルに反応して消費されるため、圧力が降下します。このように、圧力降下は、酸化とサンプルの「腐食」の基準になります。最近公開されたASTMの標準メソッドでは、潤滑グリースの腐敗を扱っています。「潤滑グリースの酸化が進むと、潤滑性が失われます。例えば、潤滑グリースは硬化しますが、凝集する可能性もあります。さらに、酸化生成物は、物質を潤滑させるのではなく、損傷を与える可能性があります」と、アントンパールProveTecの製品ライン責任者であるGerold Tandlerは説明します。

これは、グリースメーカーとエンドユーザーにとって不可欠な情報です。当製品の先行モデル、RapidOxy、及びRapidOxy 100を使用するお客様には、石油、製造、または食品業界で活躍する企業が含まれます。 競合製品と比較したRapidOxy 100の強みは、「高速ではるかに正確です」と、Gerold Tandlerは説明します。既存のメソッドの欠点を排除する最新の標準試験手順を新たに作成するという目標が達成されました。