これは必須入力項目です。
Invalid
製品番号

MCR用光学アクセサリー:
UV光硬化システム

  • 追加パラメーター設定用アクセサリ
  • UV硬化反応研究用
  • 粘弾性挙動とUV光による硬化の同時評価
  • 内蔵の温度制御機能
オンライン限定価格 | 税抜税込 0消費税
価格
はお問い合わせください
ご購入情報
アントンパールの機器をオンラインで購入
製品番号:
オンラインの販売状況をチェック 見積を受け取る この製品をオンラインで購入
納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月

MCRレオメータ用RheoOpticsツールボックスの一部であるUV光硬化システムでは、UV光による硬化反応の研究を行うことができます。この組合せでは、UVに敏感なインク、接着剤、またはコーティング剤に、材料の粘弾性特性評価を行うと同時にUV光源から照射します。振動時の超高速データサンプリング、法線力による収縮補正の制御、オンラインコンプライアンス補正を実現する独自のTruStrain™制御では、要求が厳しい用途であっても正確な結果を迅速に得ることができます。フード型ペルチェ温度制御システムと不活性ガス雰囲気が、-20 °C~200 °Cの正確な温度制御を約束します。

Anton Paar Wikiでは、接着剤及びシーリング材の粘弾性測定について詳細をご覧いただけます。

主な機能

紫外線下での材料の粘度変化をリアルタイムに直接測定

紫外線下での材料の粘度変化をリアルタイムに直接測定

UV光硬化システムは材料の特性評価における強力なツールで、UVに敏感な材料の光化学重合プロセスの再設計時にコスト削減をサポートします。フード型ペルチェ温度制御システムによる-20 °C~200 °Cの迅速で正確な温度制御はメリットをもたらします。高温条件下での測定では、周囲温度~300 °Cの電熱ヒータ温度制御と、-40 °C~200 °Cの対流式オーブン型温調システムもご使用いただけます。すべてのシステムは、不要な化学反応を回避するために不活性ガスで雰囲気制御を行うことができます。交換可能な下部ガラスプレートと使い捨てプレートはさまざまな直径を用意しており、測定後にプレートから簡単に取り除けないサンプルにご使用いただけます。

ニーズに合った光源選び

ニーズに合った光源選び

使用するUV光の種類を選ぶ前に、サンプルの化学的特性、全体のプロセス設計、必要な保守を検討してください。

水銀光源: 均一なサンプル照明のために、強力な高圧水銀UV光源がフレキシブルな光ガイドを使用して温調システムにデフォルトで接続されており、サンプル調製時と測定時はRheoCompassソフトウェアで遠隔操作できます。この光源は、離散波長を放出するさまざまなフィルターや、校正用の照度計とともに使用できます。

LED光源: 単色単一ピーク波長放射については、発光ダイオードの配列を利用したUV LED光源を組み込むことができます。光ガイドホルダーは、サンプルとプロセスの要件に完璧に適合させるために、さまざまな市販のUV LED光源に使用することができます。

使用光源から独立したサンプル環境は、周辺光が当たらないようにします。

高精度で再現可能な結果

高精度で再現可能な結果

UV硬化材料がUV光に曝露されると、化学物質、塗膜の厚み、UV光強度に応じて、一般的には数秒または数分以内に架橋反応が生じます。この化学反応の徹底的な追跡には、MCRレオメータなどの極めて高感度の機器が必要です。MCR機器には、最も正確な結果を保証する機能が搭載されています。まず、MCR独自のTruStrain™機能が考慮され、振動測定時の高速データ入手と、それによる最大限のデータ速度が実現します。法線力による高感度制御は、反応中のサンプルの収縮補正を保証し、ギャップが正しく充填されるようにしMCRレオメータは、硬化後の最も硬いサンプルであっても正確な結果が得られるように、オンラインコンプライアンス補正も特徴としています。これらの機能は測定エラーを防ぎ、正確で再現可能な結果を約束します。開始点と硬化点の分析方法は標準方法として利用できます。

RheoOpticsツールボックスの持ち運びやすさと使いやすさ

RheoOpticsツールボックスの持ち運びやすさと使いやすさ

UV光硬化システムは、MCRレオメータシリーズ用のモジュール式RheoOpticsツールボックスの一部です。
MCRレオメータシリーズのモジュールコンセプトにより、光学と粘弾性が組み合わさった測定のために、他のアクセサリへの切り替えが迅速かつ容易に行えます。MCRシリーズで利用可能なペルチェや電熱ヒータ温調システムは、ラマン分光法、IR分光法、(蛍光)光学顕微鏡小角光散乱(SALS)、偏光イメージングなどのレオオプティックスツールと併用できます。この方法では、互いに補い合う別々のメソッドを適用し、材料研究を高度化するために、効率的にMCRレオメータを使用することができます。

アクセサリ間の切り替えに加えて、UVとラマン分光法、UVとIR分光法、UVと湿度管理など、特定のメソッドを組み合わせることもできます。これにより、製品開発と研究タスクについてより高度化されたメソッドにアクセスすることができます。

全種類のUVに敏感な材料の粘弾性挙動の評価

全種類のUVに敏感な材料の粘弾性挙動の評価

用途固有の配合を開発するためのUVに敏感な材料の開発では、レオロジーが重要な役割を果たします。UV硬化材料は、医薬品とライフサイエンス、自動車、ポリマー、包装、印刷、エレクトロニクス、さらにはコスメ(ネイルチップやジェルネイル用ポリッシュなど)も含む、多くの産業における不可欠な要素です。UV光硬化システムはこのような材料の開発・製造をサポートし、高品質を維持しながら、製造スピードを上げてコストを削減します。

このような材料の一般例:

  • エポキシ樹脂
  • 接着剤、膠
  • 印刷用インク
  • コーティング剤

技術仕様

光源 波長 光源のピーク強度 温度範囲 測定システム
高圧200W水銀蒸気ショートアーク 320 nm~500 nm (標準フィルター) 24.70 W/cm² ペルチェ: -20 °C~200 °C
電熱ヒータ: 室温~300 °C
オーブン: -40 °C ~ 200 °C
直径が50 mm以下のパラレルプレート及びコーンプレートシステム
使い捨てシステム
250 nm~450 nm (ブランクフィルター、オプション) 26.64 W/cm²
320 nm~390 nm (フィルター付き、オプション) 9.83 W/cm²
365 nm (フィルター付き、オプション) 7.28 W/cm²
UV LED 具体的な光源によります
一般的な波長は365 nm、385 nm、 405 nm、460 nmです。
具体的な光源によります ペルチェ: -20 °C~200 °C
電熱ヒータ: 室温~300 °C
オーブン: -40 °C ~ 200 °C
直径が50 mm以下のパラレルプレート及びコーンプレートシステム
使い捨てシステム

アントンパール認定サービス

サービスとサポートにおけるアントンパールの品質:
  • 世界各地に350名以上のメーカー認定の技術者がいます。
  • お客様の言語でサポート
  • ライフサイクル全体にわたる資産の保護
  • 3年保証
さらに詳しく

書類

互換装置