マイクロコンビテスタ(MCT³)

スクラッチ、インデンテーション、トライボロジー試験の機械特性評価に1つの測定ヘッドで対応

マイクロコンビテスタ(MCT³)は、コーティング及びバルクサンプルの完全な機械特性評価を行うためのユニバーサルな測定ヘッドです。

本装置ではほかにはない幅広い荷重が許容されるため、様々なサンプルの密着性、スクラッチ抵抗、硬度、弾性率、摩擦、摩耗の判定に対応可能です。有機材料及び無機材料のコーティングや軟質及び硬質のコーティング(1~20 µmの範囲)、バルク材料にも適用できます。

Get in touch ドキュメントの検索

主な機能

1台3役: スクラッチ全体インデンテーション、トライボロジー試験

1台3役: スクラッチ全体インデンテーション、トライボロジー試験

ユニークな機械設計により、測定品質に一切妥協することなく、1つの測定ヘッドに3種類の機械特性評価測定メソッドを組み込んでいます。1台に同じヘッドを使用して、コーティングの密着性及びスクラッチ抵抗をスクラッチ試験で、硬度及び弾性率を計装化インデンテーション試験(IIT)で、摩擦及び摩耗をマルチパストライボロジー試験で実施できます。

完全自動の機械特性評価試験機

完全自動の機械特性評価試験機

アントンパール社のあらゆるスクラッチ試験機と同様に、MCT³は臨界荷重の自動検出機能を備えています。摩擦力、押し込み深さ、アコースティックエミッションの信号を用いて、アルゴリズムによりこれらの信号を分析し、オペレーターによる影響を受けることなく臨界荷重を自動判定します。さらに、硬度及び弾性率を、計装化インデンテーション技術による1回の測定によって、様々なポジション(ユーザー定義マトリックス)で判定できます。

多数のアプリケーションに対応する理想的な荷重範囲

多数のアプリケーションに対応する理想的な荷重範囲

MCT³では、浅め(表面検出向けに数nm)から深め(最大1 mm)に至るスクラッチ及び計装化インデンテーション試験(IIT)を実施できます。適用及び測定された幅広い力(10 mN~30 N)は、ほぼ全てのサンプルの特性に適合します。
この荷重と深さの範囲は、硬質膜(PVD、CVD、1~20 µm)、溶射/プラズマ溶射コーティング、セメント質材料、金属、ポリマーの機械特性評価に最適です。 

特許取得済みの同期パノラマモード

特許取得済みの同期パノラマモード

このユニークな機能により全てのセンサ信号の記録が完全に焦点の合ったスクラッチ画像全体に自動的に同期します。このように、臨界荷重は、同期された光学的記録及び信号の記録を観察することで、簡単に識別できます。アントンパール社は、米国特許8261600及びEP (ヨーロッパ特許) 2065695を取得している唯一の企業です。

曲面や凹凸のある面上でも正確な測定結果

曲面や凹凸のある面上でも正確な測定結果

独自の荷重センサ制御によってMCT³装置はあらゆる表面偏差を検出し荷重フィードバックによってこれらの偏差を補正します。 

MCT³は、サンプルの形状に関係なく、目的の荷重を完全に制御しながらサンプル形状に追従していくため、凸凹のある面や曲面(レンズなど)でも確実な測定が可能です。

技術仕様

最大荷重[N] 30
荷重分解能[μN] 6
荷重ノイズフロア[rms] [μN] 100
荷重速度[N/min] 最大300
深さレンジ[μm] 1000
深さ分解能[nm] 0.03
深さノイズフロア[rms] [nm] 1.5
サンプリングレート[kHz]  192
スクラッチ速度[mm/min] 0.1~600
オプション
ペルチェステージ(最高120 ℃)
加熱ステージ(最高200 ℃)
冷却ステージ(最低-120 ℃)
電気接触抵抗(ECR)
液体試験

対応する標準規格

A

ASTM C1624
ASTM E2546

I

ISO 14577
ISO 20502

アントンパール社の認定サービス

アントンパール社のサービス/サポート品質:
  • 世界中で350人を超えるメーカー認定専門技術者
  • お客様の地域の言語による確かなサポート
  • 稼動期間全体にわたりお客様の投資を保護
さらに詳しく

書類

関連製品