• CarboQC ME測定モジュールは、飲料の溶存二酸化炭素量を測定します。また、他の溶存ガスの量も特定するため、それらの影響を排除した結果が得られます。

飲料用二酸化炭素測定モジュール:CarboQC ME

CarboQC ME測定モジュールは、飲料の溶存二酸化炭素量を測定します。また、他の溶存ガスの量も特定するため、それらの影響を排除した結果が得られます。CarboQC MEモジュールとアントンパール社の様々な装置を組み合わせることで、必要な飲料分析を1回の測定サイクルで実行し、サンプルの前処理を最小限に低減することが可能です。複合システムにより得られるメリットを活用すると、迅速かつ効率的な測定に加え、ラボのスペース節約にも役立ちます。この測定モジュールは、アントンパール社のジェネレーション MシステムPBA-S、PBA-SI、PBA-SD、PBA-Bでのみ使用できます。

Get in touch ドキュメントの検索

主な機能

精度が全てを実証

  • 特許取得済みの多段階体積膨張方式に基づく測定により、繰り返し精度(標準偏差)0.005 vol.のCO2測定を実現
  • 空気や窒素などの他の溶存ガスの影響を受けない

密度測定のパワフルなパートナー

  • 容器が非常に小さく、サンプル量が150 mL程度とわずかな場合でも、高い信頼性でCO2を測定
  • CO2の正確な含有量を把握することで、密度の測定値に対してCO2補正を実行できるため脱ガスが不要
  • PFD充填システムによって、容器から測定チャンバーまでCO2のロスなくサンプルを移送

将来の変化に対応

  • DMAジェネレーションM密度計、CarboQC ME、PFD充填システムの組み合わせは、飲料分析の標準構成であり、将来にわたる確実な投資
  • アントンパール社のモジュールコンセプトによって、測定モジュール(Option O2、pH ME、HazeQC MEなど)の柔軟な拡張が可能
  • 要件に最適な測定モジュールを選択可能

技術仕様

測定範囲
CO20~12 g/L (0~6 Vol.): 30 °Cの場合
0~20 g/L (0~10 Vol.): 15 °C未満の場合
温度 -3~30 °C
繰り返し精度、標準偏差
CO20.01 g/L (0.005 Vol.) CO2
再現性、標準偏差
CO20.05 g/L (0.025 Vol.) CO2
追加情報
サンプル量

約150 mL
寸法
(長さx幅x高さ)
305 x 85 x 275 mm
重量約3.0 kg
電源各測定システムのマスター装置から供給
インターフェースCAN BUS x 2

対応する標準規格

A

ASBC Beer-13D:体積膨張方式による溶存二酸化炭素の測定

E

EBC 第9.28.5章

M

Mebak 第2.26.1.5章

アントンパール社の認定サービス

アントンパール社のサービス/サポート品質:
  • 世界中で350人を超えるメーカー認定専門技術者
  • お客様の地域の言語による確かなサポート
  • 稼動期間全体にわたりお客様の投資を保護
さらに詳しく

書類

関連製品