推奨される結果

Food | Dissolved Oxygen in Milk and Dairy Products

乳製品中の溶存酸素(DO)は、監視を必要とする重要な品質パラメーターです。DOは消費適性と品質保持期限を低減し、栄養価、色、風味など乳製品品質の主要なパラメーターに影響を与えます。プロセス性能を高め、一貫した最終製品の品質を確保するためには、低温殺菌処理中に牛乳からDOを取り除く必要があります。アントンパール社のインライン酸素センサOxy 510は、製造ラインに直接、簡単に取り付けることができ、製品中のDO含有量が目標に適合していることを確認できます。お客様は様々な濃度に対応する高精度で信頼性の高い DO監視を利用できます。

牛乳の低温殺菌処理

牛乳の低温殺菌処理は、未殺菌の生乳を殺菌した製品へと変える一連のプロセスです。製造工場への到着時、牛乳には平衡量約8ppmのDOと、輸送によって細かく分散した空気が含まれています。低温殺菌処理中と最終パッケージでは、このDO濃度を引き下げる必要があります。このため、脱気装置を使用して分散した空気を除去し、酸素(O2)濃度を目標値(0~3 ppm)まで低下させます。加熱効率を高め、高温処理中の酸化率を最小限に抑えるため、この処理は通常、温度処理の前に実行します。脱気により、泡立ちを防止し、一貫した充填を維持し、付着物を減らすことができます。また、味の劣化や酸素の影響を受けやすい成分 (ビタミンC及びB9)の損失を防ぐことも可能です。

ドキュメントを受け取る

このドキュメントを受け取るには、以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー