Monowave 450: マイクロ波加熱抽出を自動化

Monowave 450は、分析ラボでのマイクロ波加熱抽出専用に設計された最新式のマイクロ波合成装置です。30 mLバイアルを24本装着可能なオートサンプラーMAS24により、信頼性の高い全自動運転と、高いサンプルスループットを実現しています。内蔵カメラにより、バイアル内の状況を常時監視できます。

お問い合わせ ドキュメントの検索

主な機能

妥協なきパフォーマンス

  • アンパルス制御による850 Wのマイクロ波出力
  • 極めて高密度の電磁場
  • 極めて均一な温度分布
  • 24個のサンプル装着が可能なオートサンプラーを使用した自動運転

特殊アクセサリー

  • 24個のサンプル装着が可能なオートサンプラー
  • 内部観察用内蔵カメラ
  • オプションの光ファイバー温度センサー

幅広いサンプルに対応

  • 環境分析(沈殿物、土壌、廃棄物)
  • 素材テスト(添加剤、可塑剤、油)
  • 食品テスト(脂肪含量、残留農薬…)
  • 医薬品分析(API、梱包材)
  • 石油化学(塩分測定)
  • RoHS及びWEEEテスト
  • 標準テストメソッド(EPA、ASTM)

マイクロ波加熱抽出の一般的なメリット

  • 全体の処理時間を短縮
  • 溶剤使用量の節約
  • 高い再現性
  • ソフトウェアにより制御された反応

 

Monowave 450はフルレンジのマイクロ波合成装置です。広範なマイクロ波抽出に加え、一般的なマイクロ波合成アプリケーションにも対応します。

技術仕様

最大充填量 20 mL
最大運転圧力 30 bar
最高動作温度 300 °C
最大電力 850 W
バイアルの材質 ホウ珪酸ガラス
キャップの材質 PEEK
シールの材質 テフロン加工シリコン

Anton Paar Certified Service

アントンパール社のサービス/サポートの品質:
  • 世界中で350人を超えるメーカー認定専門技術者
  • お客様の地域の言語による確かなサポート
  • 稼動期間全体にわたりお客様の投資を保護
  • 3年保証
さらに詳しく

書類

アクセサリー

関連製品