推奨される結果

Litesizer™ 500

ワンクリックで粒子解析

Litesizer™ 500は、分散系及び溶液内のナノ粒子と微粒子の特性を明らかにする装置です。動的光散乱(DLS)、電気泳動光散乱(ELS)、及び静的光散乱(SLS)を測定することで、粒子径、ゼータ電位、及び分子量を決定します。
さらにLitesizer™ 500は、サンプルの屈折率を容易に測定できる、唯一のDLSに基づく粒度分布計です。
Litesizer™ 500には、考え抜かれたシンプルなソフトウェアが組み込まれています。ワークフローは1画面で確認することができ、入力パラメータ、結果、分析も全て同じ画面に表示されます。測定条件は数秒で設定でき、1クリックで必要な分析結果とレポートを作成することができます。

お問い合わせ 書類検索

特長

透過率の連続自動測定

透過率はサンプルに即座にフィードバックをかけ、測定パラメータ(測定角度、焦点位置、測定期間)を自動的に最適化します。

屈折率を正確に測定

ほとんどの粒子分析装置は、外部の情報源に基づいて屈折率を決定する必要がありますが、Litesizer™ 500は測定条件と同じ波長及び温度の屈折率の測定が可能です。これによって、あらゆる実験条件下で、粒子径とゼータ電位の結果の最大精度を保証します。

Litesizer™ 500は、ISO 22412:2017の規定によりDLSに要求される屈折率の精度に対して、±0.5 %以内の精度で溶媒の屈折率を測定します。 

粒子径の測定:かつてない高分解能

高度に進化したファームウェアのアルゴリズムにより、1つの懸濁液に含まれる数種類の粒子径を正確に分解します。

ゼータ電位に関する新特許技術、cmPALSを採用

cmPALS (欧州特許2 735 870)により、低い印加電圧で非常に短時間に測定を実行できるので、デリケートなサンプルでも信頼性の高い測定結果が得られます。

ゼータ電位用のユニークなΩ型キャピラリーチューブ

キュベットにはユニークなΩ型のキャピラリーチューブを搭載しているので、測定の安定性と再現性が向上します。

考え抜かれたシンプルなソフトウェア、Kalliope™

Kalliope™は直感的な1ページのワークフローを提供します。パラメータの入力、測定、分析が簡単です。Kalliope™はFDAの21 CFR Part 11に完全準拠しています。

技術仕様

一般仕様
温度制御範囲 0~90 °C
光源 レーザー / 40 mW、658 nm
レーザーのウォームアップ時間 6分
周辺動作温度 10~35 °C
湿度 最高90 % (結露しないこと)
寸法(幅、奥行、高さ) 460 mm、485 mm、135 mm
重量 約18 kg
粒子径の仕様
測定範囲 0.3 nm~10 µm* (直径)
感度  
     min. conc. (タンパク質) 0.1 mg/mL (リゾチーム)
     min. conc. (ポリマー) 1 µg/mL (ポリスチレンラテックス)
精度 認定された標準サンプルで+/-2 %以下
繰返し精度 認定された標準サンプルで+/-2 %以下
最小サンプル量 12 µL
測定角 15°、90°、175°
ゼータ電位の仕様
測定範囲-600~+600 mV
移動度10-11~2 x 10-7 m²/V.s
粒子径の範囲 3.8 nm~100 µm
感度 1 mg/mL (リゾチーム)
サンプルの最大濃度 40 % w/v
サンプル量 350 µL
サンプルの最大導電率 200 mS/cm
分子量の仕様
測定範囲(質量) 980 Da~20 MDa
測定範囲(粒子径)40 nm以下(直径)
感度0.1 mg/mL (リゾチーム)
精度+/-10 %
繰返し精度+/-5 %
測定角90°
透過率の仕様
粒子径の範囲制限なし
測定時間10秒
最小サンプル量

15 µL

屈折率の仕様
測定範囲 1.28~1.50
精度+/-0.5 %
温度範囲0~90 °C
波長658 nm
最小サンプル量1 mL
接液部材質: 石英、ガラス


* 実験室環境下

試験分析規格

A

ASTM D4001-13
ASTM E2490-09
ASTM E2865-12

I

ISO 13099-2
ISO 13321
ISO 22412

アプリケーションレポート

アクセサリー

あなたの選択: 絞り込みをリセット X
産業分野
業種
試験分析規格
Showing to of

同様の製品