推奨される結果

食品 | 果汁及び野菜汁の濃度測定

濃縮工程において、糖度(°Brix)を監視することで蒸発工程の時間とエネルギー消費を最適化します。蒸発容器の入り口と出口の°Brix値を測定することによって、自動プロセス管理に最適なデータが得られます。 アントンパール社のインライン屈折計L-Rix 5100は、食品及び飲料の生産工程における連続糖度監視に最適です。この屈折計を生産ラインまたはタンクに直接設置して、リアルタイムで°Brixを測定できます。

濃縮工程

生鮮品を濃縮物に加工することによって、季節に関係なく一年中野菜や果物を利用できるようになり、保管や輸送にかかるコストを削減できます。

蒸発器(エバポレーター)を使って果汁やペーストの水分を減らします。製品によって異なり、濃縮トマトでは最大35 °Brix、濃縮果汁では最大65 °Brixです。一般的な最終製品に、ピューレ、混濁果汁及びクリア果汁(ストレートまたは濃縮)があります。

果汁、ペースト、濃縮物の蒸発工程で最も重要な測定が糖度で、°Brixで表されます。蒸発容器の入り口と出口の両方で製品の糖度をインライン監視することは、プロセスを最適化し、最終製品の品質を確保するうえで非常に重要です。

屈折計は食品業界で長期間にわたって幅広く使用されており、砂糖、ジャム、ソフトドリンク、果汁などの製品を測定してきました。食品には混濁しているものやどろどろしているものもあるので、中間製品及び最終製品の糖度を測定する方法として、インライン屈折計での屈折率測定は最適です。

ドキュメントを受け取る

このドキュメントを受け取るには、以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー