食品 | シロップの準備

粒状の糖を水に溶かして標準のシュガーシロップを準備する際、一定の品質を維持するために糖度を管理する必要があります。シロップ製造の正確な混合プロセスを保証する主なパラメーターは°Brix値です。 アントンパール社のインライン屈折計L-Rix 5100は、食品及び飲料の生産工程における連続糖度監視に最適です。この屈折計を生産ラインまたはタンクに直接設置して、リアルタイムで°Brixを測定できます。

シロップの準備

炭酸でも非炭酸でも、ソフトドリンクの主な成分は水と糖です。糖は2番目に主要な成分であり、ソフトドリンクの製造向けには多くの場合シロップとして提供されます。シュガーシロップは、菓子、ジャム、医薬品などの製造でも重要です。

ソフトドリンク製造の最初の段階として、濃縮された(通常は目標値が60~67 °Brix)標準のシュガーシロップを準備する工程があります。飲料業界では、様々な混合技術、非連続工程及び連続工程が使用されています。

統合され、完全自動化された糖度測定により、シュガーシロップの°Brix値が一定に維持されます。このことは、最終製品の品質を確保する上で非常に重要です。アントンパール社は、最大100 %、最高105 °Cの糖溶液を対象に、最高の精度と繰り返し精度での°Brix値連続測定を提供します。

混合時に糖溶液に空気が入って気泡が生じると、シロップ濃度の測定に悪影響が出ます。屈折率測定は気泡の影響を受けないため、インライン屈折計はシロップを貯蔵タンクに移す前に正確な°Brix濃度を測定するのに最適です。

ドキュメントを受け取る

このドキュメントを受け取るには、以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー