タンクターミナルでの使用例

効率を心がけましょう。自信を持つこと。コントロールできるようにする。

タンクターミナル用分析装置には、危険な環境で使用できるポータブル装置から、リアルタイムで結果を提供する高精度ラボ装置やインライン装置まで、幅広いラインアップがあります。年中無休24時間体制のラボを構築し、必要な検査をわずか数分で実行可能です。

お客様のタンクターミナルで取引・保管される製品の数や種類に関係なく、お客様のニーズに合ったソリューションを組み合わせて提供します。当社の手頃な価格、コンプライアンスに準拠した使いやすいデジタル測定器は、オペレーターの影響を排除し、測定が常に正確であるという確信と安心をお客様に提供します。  

  • 高品質の装置と統合された安全機能で、プロセスと人を保護
  • 自動化されたソリューションと最小限のオペレーター操作で、生産性を高める
  • 迅速な測定と短い反応時間により、スループットを最大化し、輸送中の製品ロスをなくす
  • 関連する規格や仕様に基づいて、お客様の製品を認証する
  • サンプルと溶媒の使用量を減らし、廃棄物と環境負荷を削減する
  • 従来の方法と比較して、迅速な測定と最小限のサンプル前処理により、時間を節約(手法により最大50%)。
エリア
  • タンクターミナルでの原油分析
  • タンクターミナルでの潤滑剤分析
  • タンクターミナルでの燃料分析
  • タンクターミナルにおけるビチューメンとアスファルトの分析
  • 全て表示
使用例
  • アスファルトとビチューメンの試験のあらゆる国際規格に対応
  • アスファルトとビチューメンの質量計算で、迅速かつ完璧な取引を実現
  • アスファルトバインダーのレオロジー特性を定期的かつ迅速に測定
  • マルチプロダクトパイプライン使用時の製品ロスと廃棄リスクの最小化
  • ロスや混在のない燃料アンロード
  • ロスや混油のない潤滑油の荷卸し
  • 回収コストを削減するための理想的な掘削流体管理
  • 危険区域(Ex-zone 1)でのオンサイト密度測定
  • 危険区域(Ex-zone 1)でのオンサイト密度測定の実施
  • 実際の貯留層の状態に基づいた適切な抽出戦略の選択
  • 充填ラインでの所要時間の短縮を実現
  • 処理後の原油の純度チェック
  • 正確な針入度試験に基づくアスファルトの分類
  • 石油貯蔵施設での物質収支(マスバランス)エラーの最小化と充填時の規制
  • 長期安定性のあるアスファルト乳剤やアスファルト混合物の開発
  • 燃料貯蔵中の生物分解と汚染のチェック
  • 不純物混入防止のための燃料の信憑性チェック
  • 保管時の安定性を把握するための最終製品の挙動シミュレーション
  • 油井の抽出可能性を高めるためのバブルポイントの決定
  • 輸送・取り扱い時の危険等級の決定
  • 輸送・保管中のビチューメンが防火規制と製品仕様に準拠していることを確認
  • 輸送に適したポンプ性を得るための流動挙動の評価
  • 全て表示

タンクターミナルでの原油分析

実際の貯留層の状態に基づいた適切な抽出戦略の選択

実験室で生原油の挙動をシミュレーションすることで、抽出に使用する薬剤の決定に必要なあらゆる情報を得ることができます。貯水槽の生産性の信頼性について、デジタル密度測定により現在の推定を確かな事実に置き換えられます。

ASTM D5002に準拠し、-10℃~200℃の温度および最高500barの高圧下のラボで密度測定を行うデジタル密度計です。

-10℃から200℃の温度範囲および最高1400barの高圧下における密度測定に適する密度測定セルです。

関連製品:

油井の抽出可能性を高めるためのバブルポイントの決定

原油生産では、バブルポイントについての知識により、油井全体の抽出能力を高めることができます。デジタル密度計を使用すれば、手作業に比べ、ラボでより迅速かつ確実にバブルポイントを決定できます。

ASTM D5002に準拠し、-10℃~200℃の温度および最高500barの高圧下で密度測定を行い、ラボでバブルポイントを決定するデジタル密度計です。

-10℃から200℃の温度範囲および最高1400barの高圧下における密度測定を行い、バブルポイントを決定する密度測定セルです。

関連製品:

回収コストを削減するための理想的な掘削流体管理

掘削液の特性を微調整して掘削プロセスの性能を最適化することで、  原油貯留層の歩留まりを向上させることができます。これは、インライン計測器で掘削泥水の密度を測定することで達成できますが、以下のような利点があります。 

  • サンプル描画のための現場要員を必要としない
  • 重要なデータをリアルタイムに利用可能
  • 地層の破壊を回避し、ひいては歩留まり向上に貢献する

関連製品:

処理後の原油の純度チェック

回収後、原油を処理して沈殿物や水などの汚れを取り除いた後、密度測定によって純度を評価できます。国の規制や企業の意向により、0 ℃から100 ℃の全温度範囲で測定を行い、手元の原油の温度依存性挙動の全体像の把握が可能です。デジタル密度計: 

  • 測定温度の自動制御、温度補正・計算、および測定データの加工を必要に応じて行うことができます。
  • 30秒で結果を出す
  • 自動化されたサンプル充填と測定手順で時間を節約できます。

関連製品:

輸送に適したポンプ性を得るための流動挙動の評価

重油や超重質原油を希釈してパイプラインで問題なく送れるようにする場合、粘度測定やレオロジーテストは、流動特性を評価し、ブレンドの粘度を微調整するのに最適な方法です。アントンパールは、流動挙動を簡単、迅速、かつ正確に解析するためのレオメーターと粘度計を幅広く提供しています。以下からお選びください。

タンクターミナルでの燃料分析

燃料貯蔵中の生物分解と汚染のチェック

貯蔵中に燃料に水が入ると、大きな損失を伴う悲惨な結末を迎えることになります。これを避けるために必要な脱水プロセスを堅牢なプロセスセンサーで簡単に制御できます。オペレーターはセンサーが連続提供する値に基づいて、バルブを操作して正確に分離できます。これによる効果は以下のとおりです。

  • 組成と品質の変化に対し、迅速な対応できる
  • 製品ロスを最小化
  • 廃棄物の処理コストを削減
  • 人為的ミスによる汚染リスクの最小化

お客様のプラント構成に応じて、アントンパール社はニーズに応えるセンサーを提供しております。

問い合わせる

関連製品:

不純物混入防止のための燃料の信憑性チェック

サプライヤーから燃料を購入する時は、燃料の品質を下げ、エンジンや最終顧客との関係性を損なうことになる、安価な組成物と混合された不純物混入燃料ではなく正しい製品を受け取っていることを確認してください。アントンパール社のコンパクトなラマン分光計があれば、倉庫で直接、受入れ品の同定を数秒で検証できます。 このポータブル機器はサンプル調製、化学物質、消耗品が不要なため、廃棄物を削減し、迅速で低コストな原料同定アプローチを提供しています。

さらに詳しく

関連製品:

輸送・取り扱い時の危険等級の決定

輸送前に可燃性を評価し、危険等級を割り当てるには、引火点を知る必要があります。アントンパール社の引火点試験器は、世界的に使用されている判定方法を採用しており、溶媒または溶媒混合物の引火点測定にも使用されています。お使いのメソッドを選択してください:

問い合わせる

関連製品:

石油貯蔵施設での物質収支(マスバランス)エラーの最小化と充填時の規制

アントンパール社の機器は、管理輸送ポイントの厳格な財務管理を維持することにより、石油貯蔵施設での物質収支エラーを最小化することをサポートします。当社のオンライン密度計を流量計と組み合わせることで、最も正確な質量測定結果を提供します。各製品の入荷量と出荷量を正確に把握し、最良の収益を得ることができます。

お問い合わせ

関連製品:

マルチプロダクトパイプライン使用時の製品ロスと廃棄リスクの最小化

マルチプロダクトパイプラインで最適な製品分離を行うには、製品を1秒以内に検出するセンサーが必要です。アントンパール社のオンラインセンサーは、製品が所定範囲を外れるとすぐに通知するため、バルブを締めることができます。このセンサーは製品ロスと廃棄リスクを最小限に抑え、お客様のコストも抑えます。

お問い合わせ

関連製品:

危険区域(Ex-zone 1)でのオンサイト密度測定

正しい燃料が貯蔵タンクに充填されるかをチェックするためのターミナルでの石油製品の密度測定など、本質安全防爆仕様の計器を必要とする危険区域(Ex-zone 1)での作業。アントンパール社のポータブルDMA 35 Ex Petrolは、オンサイトで直接、迅速に比重を測定します。ATEX認定製品であることから、ポンプ充填前にターミナルで直接使用しても安全です。この密度計はASTM D7777に準拠しており、ユーザーの安全を保証し、すべての関連する単位変換を自動で実施します。内蔵ポンプを使用して貯蔵容器内からわずか2 mLの少量サンプルを直接採取します。

さらに詳しく

関連製品:

保管時の安定性を把握するための最終製品の挙動シミュレーション

アントンパール社の機器は輸送の前後に、最終製品の保管時の挙動の評価をサポートするため、特定の環境下でどのような挙動をするか予測できます。

  • 正しい区分と保管条件を確保するために、製品が蒸発を始めて蒸気を生成する温度を見つけてください。
  • エンジンシステムにおける錆、腐食、フィルター目詰まりといった将来的な問題を回避するために、酸化安定性をチェックしてください。

問い合わせる

関連製品:

ロスや混在のない燃料アンロード

アンロード時に混油を防止することで、コストと廃棄量を抑えることができます。積載作業中にオンラインで密度を測定することで、オペレーターは正しい製品が正しいタンクに充填されていることを確認できます。密度の測定結果が想定される製品の所定範囲を外れている場合、混油が発生する前にすぐにポンプの電源を切ることができます。アントンパール社の密度計 :

  • 堅牢でメンテナンス不要
  • 開梱してすぐに測定可能
  • 危険区域での使用に合わせた設計

問い合わせる

関連製品:

タンクターミナルでの潤滑剤分析

充填ラインでの所要時間の短縮を実現

充填ラインでの製品変更となれば、「時は金なり」です。次のバッチの製品が入ってくるタイミング、タンクローリーに充填できるタイミングは、できるだけ早く把握する必要がある重要な情報です。それには、アントンパール社の高速かつ高精度なSVM粘度計が最適です。4分以内に測定結果が出るため、廃棄される潤滑油の量を減らすことができ、コストを抑えることができます。

関連製品:

ロスや混油のない潤滑油の荷卸し

荷卸し時に混油を防止することで、コストと廃棄量を抑えることができます。積載作業中にオンラインで密度を測定することで、オペレーターは正しい製品が正しいタンクに充填されていることを確認できます。密度の測定結果が想定される製品の所定範囲を外れている場合、混油が発生する前にすぐにポンプの電源を切ることができます。アントンパール社の密度計:

  • 堅牢でメンテナンス不要
  • 開梱してすぐに測定可能
  • 危険区域での使用に合わせた設計

関連製品:

石油貯蔵施設での物質収支(マスバランス)エラーの最小化と充填時の規制

アントンパール社の機器は、管理輸送ポイントの厳格な財務管理を維持することにより、石油貯蔵施設での物質収支エラーを最小化することをサポートします。当社のオンライン密度計を流量計と組み合わせることで、最も正確な質量測定結果を提供します。各製品の入荷量と出荷量を正確に把握し、最良の収益を得ることができます。

お問い合わせ

関連製品:

マルチプロダクトパイプライン使用時の製品ロスと廃棄リスクの最小化

マルチプロダクトパイプラインで最適な製品分離を行うには、製品を1秒以内に検出するセンサーが必要です。アントンパール社のオンラインセンサーは、製品が所定範囲を外れるとすぐに通知するため、バルブを締めることができます。このセンサーは製品ロスと廃棄リスクを最小限に抑え、お客様のコストも抑えます。

お問い合わせ

関連製品:

危険区域(Ex-zone 1)でのオンサイト密度測定の実施

本質安全防爆仕様の機器が必要とされる危険区域(Ex-zone 1)で作業する場合、例えば潤滑油の密度をターミナルで測定して正しい製品が貯蔵タンクに充填されるかをチェックする場合、アントンパール社のポータブルDMA 35 Ex Petrolは、現場で直接、迅速に比重を測定します。ATEX認定製品であることから、ポンプ充填前にターミナルで直接使用しても安全です。この密度計はASTM D7777に準拠しており、最高水準のユーザーの安全を保証し、すべての関連する単位変換を自動で実施します。内蔵ポンプを使用して貯蔵容器内からわずか2 mLの少量サンプルを直接採取します。

関連製品:

保管時の安定性を把握するための最終製品の挙動シミュレーション

アントンパール社の機器は輸送の前後に、最終製品の保管時の挙動の評価をサポートするため、特定の環境下でどのような挙動をするか予測できます。

  • 正しい区分と保管条件を確保するために、製品が蒸発を始めて蒸気を生成する温度を見つけてください。
  • エンジンシステムにおける錆、腐食、フィルター目詰まりといった将来的な問題を回避するために、酸化安定性をチェックしてください。

問い合わせる

関連製品:

輸送・取り扱い時の危険等級の決定

輸送前に可燃性を評価し、危険等級を割り当てるには、引火点を知る必要があります。アントンパール社の引火点試験器は、世界的に使用されている判定方法を採用しており、溶媒または溶媒混合物の引火点測定にも使用されています。お使いのメソッドを選択してください:

問い合わせる

関連製品:

タンクターミナルにおけるビチューメンとアスファルトの分析

アスファルトとビチューメンの試験のあらゆる国際規格に対応

アスファルトバインダーとビチューメンの試験に対する規制要件は、特に弾性と柔軟性について、近年大幅に強化されています。最新のアスファルトおよびビチューメン製品は、高性能の装置を用いた分析により、品質管理と製品開発の両面でこれらの要件を満たすことができます。アントンパール社の動的せん断レオメータは、未改質および改質アスファルトバインダーとビチューメンを、国際標準の方法に従って、あらゆる種類のビチューメンについて広い温度範囲で分析できます。

アントンパール社は、アスファルトおよびビチューメン業界の現行および今後の規格に対応した幅広い測定機器を提供しています。その中には、180 °Cまでの温度範囲に対応した回転式レオメータや粘度計、重油サンプル用の密度計、低温でのビチューメンの一貫性や脆性挙動を測定する機器、輸送や保管時の安全性を最大限に高める引火点試験機などがあります。

製品仕様

  • AASHTO M320、M332
  • ASTM D6373、D8239、D449、D2521、D3381、D5078、D6114、
  • EN 13108、EN 14023、EN 12591

対応する標準規格

  • 密度: D8188
  • 針入度: D5、EN 1426
  • 軟化点: D36、EN 1427
  • フラース脆化点: EN 12 593
  • クリーブランド引火点・発火点: D92、ISO 2592
  • レオロジー:
    • AASHTO T315、T316、T350、TP101 UL、TP123、TP126
    • ASTM D7175、D4402、D7405、D7552
    • DIN EN13302、EN13702、EN16659

関連製品:

正確な針入度試験に基づくアスファルトの分類

自動表面検出機能を搭載した特許取得済みのセンサープランジャーにより、手動よりも短い時間で、より信頼性が高く、より正確な針入度試験の結果が得られます。これにより、ヒューマンエラーのリスクが低減されるため、場所を変えても優れた繰返し精度が保証されます。針入度は、アスファルトの硬さを適切に判断する上で非常に重要な値で、アスファルト混合物に適したビチューメンの種類を決定します。

関連製品:

アスファルトバインダーのレオロジー特性を定期的かつ迅速に測定

このレオメータのアクティブペルチェ素子は、上下のプレートを覆っており、数分で温度を設定できるため、測定や清掃の時間を大幅に短縮することができます。Toolmaster™機能などを追加すると、毎回測定前にゼロギャップを決め直す必要がないため、さらに時間を短縮できます。

SmartPave92の空冷式プレートは、循環恒温槽が不要になるため、メンテナンスコストの削減とラボスペースの確保に貢献します。

関連製品:

アスファルトとビチューメンの質量計算で、迅速かつ完璧な取引を実現

密度の測定は、アスファルトの試験や特性評価、品質管理、正確な会計処理のために確立された方法であり、既知の体積のアスファルトを質量に変換する必要があります。これには、サンプルの取り扱い(予熱)と高温での測定が必要となります。

Hastelloy C276製の堅牢な測定セルを搭載している独自のデジタル密度計DMA 4200 Mは、ASTM D8188に準拠しており、アスファルトの密度を最も短時間で測定することができます。また、200 °Cまでの温度に対応しています。この装置には、従来の方法(比重計やピクノメーターを含む)に比べて多くの利点があります。

  • わずか2 mLのサンプル量で自動温度制御が可能
  • 溶剤の使用量を抑えた便利な洗浄方法で、廃棄物の量を最小化
  • 数分で結果が得られるため、オペレーターの時間を節約可能
  • オペレーターの手作業を最小限に抑え、ヒューマンエラーのリスクを低減

関連製品:

長期安定性のあるアスファルト乳剤やアスファルト混合物の開発

アスファルト乳剤は、保管中や輸送中に沈降しないように安定性を保つ必要があります。そのためには、乳化剤や添加剤を添加し調製した混合物が必要となります。乳化剤や添加剤がアスファルト乳剤の安定性に及ぼす影響については、アントンパール社の粒子特性分析装置 Litesizer 500 における特許取得済みの cmPALS 法を用いてゼータ電位を測定することで調査することが可能です。ゼータ電位を把握することで、アスファルト粒子の凝集状態について理解し、改質することが可能になります。それにより、長期安定性に関する情報を得ることができます。 ゼータ電位の絶対値が ±30 mV 以上の場合は、乳剤が安定であることを示します。

関連製品:

輸送・保管中のビチューメンが防火規制と製品仕様に準拠していることを確認

アントンパール社の引火点試験器は、国際的に認められている基準方法に基づいて、規制を遵守するために可燃性と揮発性を評価し、危険有害性の分類を行うことができます。

自動引火点・発火点試験器PMA 500(密閉型試験器)とCLA 5(開放型試験器)は、予熱が必要なビチューメンなどの粘性の高いサンプルで引火点試験を行うために必要な機能を備えています。 どちらの装置も、オペレーターに最大限の安全性をもたらします。手作業による引火点試験は、取り扱いが難しく、エラーが発生しやすくなります。

PMA 500の電気イグナイターは、他の同等の電気イグナイターに比べて寿命が10倍以上があり、運用コストを削減できます。この装置は、難しいビチューメンやアスファルトのサンプルでも簡単に洗浄できます。むき出しのケーブルがなく、テストカップは簡単に分解できます。 

関連製品: