FPPNet: PMA 5 n-Decane

自動引火点試験器用ソフトウェア: FPPNet

このソフトウェアは、試験データの読み取りと評価、自動引火点試験器PMA 5、CLA 5、ABA 4、TAG 4、及びこれらの旧モデル(PMA 4、PMA 4 SC、CLA 4)を制御するために使用します。 

メニューはわかりやすく、操作も簡単です。 

引火点試験器は、ヌルモデムケーブルまたはUSBポートを使用してPC-RS232インターフェースに接続します。言語に英語またはドイツ語を選択できます。

Get in touch ドキュメントの検索

主な機能

メリット

  • 直観的に操作できる使いやすいソフトウェア
  • 試験の進捗状況をPC画面上でリアルタイムにモニタリング
  • 全てのパラメーター調整に関するドキュメントを追跡可能
  • しっかりとしたデータ履歴がお客様からのクレームへの対応をサポート
  • 新しい技術開発や公式手順の変更があった場合には、簡単にファームウェアをアップデート可能 
  • プログラムパラメーターでプログラムを編集可能
  • ExcelまたはLIMSシステムにスムーズに結果をエクスポート可能
  • 各テスト実行時のプログラム及び装置パラメータを試験結果と共に保存
  • サンプル温度、ヒーター温度、昇温速度をグラフ表示

優れた操作性

  • 試験中の昇温速度の規格準拠をチャート上でモニタリング(結果の精度のために重要)。試験後、値は結果ファイルに保存されます。
  • 引火点は、標準手順に従い補正されレポートされます。
  • PMA 4と12カップのサンプルチェンジャを併用することで、次の機能を使用できるようになります。
    1番目のサンプルについてサーチ実行した引火点の値が2番目の試験(カップ)に引き継がれ、2番目の試験(カップ)の引火点の推定値として使用されます。
    大容量サンプル向けのクイック実行では、試験の合間に装置が完全に冷却されることはありません。これは、引火点が高い場合に特に効率的です。

ユーザーの要件に合わせて柔軟なカスタマイズが可能

以下の引火点試験メソッド用の試験手順を提供:

  • ペンスキー-マルテンス: ASTM D93-A+B+C、ISO 2719-A+B、JIS K 2265
  • クリーブランド: ASTM D92、ISO 2529、JIS K 2265
  • アーベル: ISO 1516、ISO 1523、ISO 13736
  • タグ: ASTM D56、ASTM D3934、ASTM D3941
  • ユーザー定義プログラム: 標準の試験メソッドと異なる場合あり
  • プログラムには、サンプル名、温度ユニット、推定される引火点、選択された標準プログラム、試験ステータス、オペレーター名、引火源の種類(電気またはガス)などが表示されます。

技術仕様

システム条件
オペレーティングシステム MS Windows® | XP SP3 | Vista | Windows 7
CPU (推奨) Pentium III 1 GHz (512 MB RAM)以上
グラフィック VGAグラフィックカード(解像度: 800 x 600ピクセル)
Drive HDD (50 MBを超える空き容量)
インターフェース インストールにはUSBインターフェースが1つ必要です。
第4シリーズ: RS232またはUSBの空きインターフェース (USB/RS232アダプターが必要)
第5シリーズ: USB空きインターフェース

Anton Paar Certified Service

アントンパール社のサービス/サポートの品質:
  • 世界中で350人を超えるメーカー認定専門技術者
  • お客様の地域の言語による確かなサポート
  • 製品のライフサイクル全体にわたりお客様の投資を保護
さらに詳しく