これは必須入力項目です。
Invalid
製品番号
エラーが見つかりました

パッケージ飲料アナライザー:
PBA 5001 Soft Drink

モデル:
  • レギュラードリンク、ダイエットドリンク、エナジードリンク、炭酸水向け
  • ガイド付き調整機能により、誰でもダイエット製品の品質管理を実施可能
  • ダイエット製品の基準分析を75%削減
  • サンプルが正しく充填されていることを100%保証
  • データの一元管理、インラインでのセンサ自動調整を実現

3分で°BrixとCO₂含有量、6分で%Dietの結果を得ることができます。 これは、従来手法の最大6倍のスピードです。パッケージ飲料アナライザーは、最大4台の装置を組み合わせることで、レギュラー/低カロリー/ダイエット飲料に加えて、(ダイエット)エナジードリンクや炭酸水のすべての品質パラメータを一度に測定します。事前の前処理や途中の洗浄が不要なため、1日で最大2時間を節約することができます。迅速にソフトドリンクの品質管理を行うことで、ブレンド工程の最適化、理想的な炭酸レベルの確保、そして最終的なボトル製品への信頼性を保証することができます。 

主な機能

お客様のニーズに合わせて構成された1台のシステムで、ソフトドリンクの品質に関連するすべてのパラメータを制御することができます。最終パッケージを充填装置に入れるだけで、サンプルが自動的に加圧充填されるため、コンタミネーションやオペレーターの影響を受けることはありません。システムは直感的なユーザーインターフェースで操作でき、すべてのデータは装置内、またはラボ作業用ソフトウェアAP Connectを介して単一のデジタルスペースに安全に保存されます。

ソフトドリンクの品質管理試験を一度に実施

ソフトドリンクの品質管理試験を一度に実施

    • 1回の測定サイクルで、1つのシステムで%Diet、°Brix、CO₂濃度を測定 
    • レギュラー/低カロリー/ダイエット飲料、エナジードリンク、炭酸水などのポートフォリオ全体を分析
    • ダイエット製品の基準分析を最小限に抑え、ラボの負担を削減
    • 最終製品の品質を確保し、規格外製品を排除
    ソフトドリンクの品質管理を600%スピードアップ

    ソフトドリンクの品質管理を600%スピードアップ

    • わずか3~6分(システム構成によります)で全パラメータの並行分析が完了 - 従来法の6倍以上のスピード
    • ガラスびん、ペットボトル、缶から直接、自動で加圧充填:オペレーターによる影響を受けません
    • 脱気とろ過の所要時間を1サンプルあたり最大7分短縮
    • 脱気不要:すべての測定結果のCO₂を自動補正 
    • ソフトウェアが調整手順をガイドするため、誰でもダイエット製品の品質管理を実施可能 - 特別なトレーニングは不要
    個別の測定システムをセットアップ

    個別の測定システムをセットアップ

    • ベーシックバージョンのPBA 5001 Soft Drinkは、ソフトドリンクの最も重要な3つのパラメータ(Brix、CO₂濃度、濃度)を測定 
    • %Dietの測定は、別のマスター装置でシステムを構成するだけ
    • 高度な分析には、溶存O₂・pH測定用のモジュール式拡張機能で基本システムをアップグレード 
    • モジュールを追加するたびに、システムの効率と最終製品の品質に対する信頼性が向上
    ソフトドリンク中の真の溶存CO₂含有量を測定

    ソフトドリンク中の真の溶存CO₂含有量を測定

    • 独自の選択的CO₂測定方法により、0.005volの最高の再現性を実現
    • 極めて高精度:真のCO₂含有量を測定
    • 空気や窒素などの他の溶存ガスによる影響ゼロ
    • 密度・CO₂測定セルの自動充填エラー検出
    直感的な操作性で最大限の利便性を実現

    直感的な操作性で最大限の利便性を実現

    • 1つのユーザーインターフェースで、接続されたすべての測定モジュールを同時に操作
    • 最小限のトレーニング:内蔵のウィザードが測定と調整の手順をガイド
    • 幅広い出力値を事前に設定可能
    • オペレーターの利便性を追求したユーザーインターフェース
    • AP Connectラボ作業用ソフトウェアによるデータの一元管理
    • Davis 5ソフトウェアによるインラインセンサの自動調整 - オペレーターによる操作は不要 

    技術仕様

    PBA 5001 Soft Drink PBA 5001 Diet Soft Drink
    測定範囲
    密度 0~3g/cm³
    温度 20°C
    圧力 最大10bar(絶対圧力)
    実測糖度 0~15°Brix
    ダイエット濃度 - 0~200%Diet
    または0~200mL NaOH
    または0~200g/L TA
    または10~10,000ppm アルカリ度
    または0~600mg/100mL H3PO4 
    CO₂濃度

    30°Cの場合、0~6vol.(0~12g/L)
    15°C未満の場合、0~10vol.(0~20g/L)

    O₂濃度 0~4ppm
    pH値 pH 0~14
    繰り返し精度の標準偏差
    密度

    0.00001g/cm³(DMA 4101)
    0.000005g/cm³(DMA 4501)
    0.000001g/cm³(DMA 5001)

    0.000005g/cm³(DMA 4501 Diet)
    温度

    0.02°C(DMA 4101)
    0.01°C(DMA 4501)
    0.001°C(DMA 5001)

    0.01°C(DMA 4501 Diet)
    実測糖度

    0.015°Brix(DMA 4101)
    0.01°Brix(DMA 4501)
    <0.01°Brix(DMA 5001)

    0.01°Brix(DMA 4501 Diet)
    ダイエット濃度 - 0.5%Diet
    CO₂濃度 0.005vol.(0.01 g/L)
    O₂濃度 2ppb(200ppb未満の範囲)
    pH値 0.02(pH 3~7の範囲)
    概要
    便利機能 U-View™、FillingCheck™、ThermoBalance™、フルレンジ粘度補正、ウルトラファスト測定モード 状態監視
    測定ごとの最小サンプル量 150mL
    サンプルあたりの測定時間 3分(%Diet分析は6分)
    サンプルスループット 1時間あたり10~20サンプル(システム構成によって異なります)
    ディスプレイ 10.1インチ、TFT WXGA(1280×800px)、PCAPタッチスクリーン
    システム操作 タッチスクリーン、オプション(キーボード、マウス、バーコードリーダー)
    内部記憶容量 最大10,000件のカメラ画像付き測定値
    電源 AC 100~240V、50/60Hz、変動±10%、190VA
    通信インターフェース USB×5、イーサネット、CAN、RS232
    寸法(奥行×幅×高さ) 526×730×446mm
    重量 約35.7kg
    環境条件 (EN 61010)屋内のみ
    周囲温度 15~35°C
    湿度 結露なきこと
    20°C:相対湿度90%未満
    25°C:相対湿度60%未満
    30°C:相対湿度45%未満

    アントンパール認定サービス

    サービスとサポートにおけるアントンパールの品質:
    • 世界各地に350名以上のメーカー認定の技術者がいます。
    • お客様の言語でサポート
    • ライフサイクル全体にわたる資産の保護
    • 3年保証
    さらに詳しく

    書類

    選択項目: 全てのフィルターをリセットする X
    カテゴリ
    業界
    アプリケーション
    製品

    関連製品

    消耗品 & ソフトウェア

    消耗品 & ソフトウェア

    ソフトウェア

    ソフトウェア

    すべての商品をすべての国でオンライン購入できるわけではありません。

    お住まいの国からオンラインで購入できるかは、以下のオンライン販売状況をご確認ください。

    オンライン限定価格 | 税抜税込 0消費税

    Interface caps DMA HR01 series

    対応装置::
    パッケージ飲料アナライザー:PBA 5001 Soft Drink 規格 | Diet
    納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月
    製品番号: 232006

    ラボ作業用ソフトウェア:
    AP Connect 

    対応装置::
    パッケージ飲料アナライザー:PBA 5001 Soft Drink 規格 | Diet
    納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月
    製品の詳細
    • 情報処理のデジタル化、手作業によるデータ処理不要
    • 時間を節約して読取り・転記ミスを排除
    • すべての情報を一か所にまとめて常に利用可能
    • カスタマイズ可能なインターフェースを通じて既存のデータ管理システムと通信可能

    さらに詳しく