• CarboQC At-lineは、生産工程や瓶詰め工程で、プロセスライン、タンク、樽、キャスクから直接測定できる携帯型の二酸化炭素計です。
  • CarboQC At-lineは、生産工程における飲料の検査及びプロセス機器により測定されたCO2測定結果の検証に最適な装置です。CarboQC At-lineは、タイムスタンプとサンプルIDを含む測定結果を500回分まで保存可能で、長期にわたる測定に対応します。

二酸化炭素計:CarboQC At-line

CarboQC At-lineは、生産工程や瓶詰め工程で、プロセスライン、タンク、樽、キャスクから直接測定できる二酸化炭素計です。新たに堅牢な設計を備えたこの装置は、小型でコンパクト、かつ軽量のため、極めて高い柔軟性を発揮します。また、過酷な環境に対応する万全の保護仕様を備えています。バッテリーは最大で10時間連続駆動します。付属のCO2データロガー機能により、ラインまたはタンクでの連続測定が可能です。CarboQC At-lineは、生産工程における飲料の検査及びプロセス機器により測定されたCO2測定結果の検証に最適な装置です。

Get in touch ドキュメントの検索

主な機能

万全の保護仕様

  • IP67準拠の堅牢な密閉設計により、過酷な環境に対応する万全の保護仕様
  • 小型でコンパクト、かつ軽量の新設計により、極めて高い柔軟性を発揮

効率的かつ高速

  • わずか55秒でCO2を測定
  • 特許取得済みの多段階体積膨張方式に基づくCO2測定
  • 直観的なユーザーインターフェースにより、あらゆる状況で簡単に操作
  • 設定済みですぐに使用可能
  • サンプル識別が容易で500回分の測定結果の完全なトレーサビリティを提供

高精度な測定結果をサポートする組み込み機能

  • CO2データロガー機能により、ラインまたはタンクでの連続CO2測定が可能
  • フィリングチェック(FillingCheck™): 充填エラーを自動的に検出し、警告メッセージを生成
  • システムチェック: 推奨される定期的な検査をオペレータに案内

携帯して測定

  • 一体型充電式バッテリーで最大10時間の長時間駆動

迅速かつワイヤレス

  • Bluetoothインターフェースでワイヤレス印刷に対応
  • PCへのデータ転送をサポートするUSBインターフェース
  • RFIDタグ読み取りによって測定パラメータの迅速な変更が可能なRFIDインターフェース

技術仕様

測定範囲
CO20~ 12 g/L(0~6 vol.): 30 °Cの場合
0~ 20 g/L(0~10 vol.): 15 °C未満の場合
温度-3~+40 °C
、精度:± 0.2 °C
圧力0~ 10 bar(絶対圧力)
繰り返し精度、標準偏差
CO20.04 g/L(0.02 vol.)
再現性、標準偏差
CO20.1 g/L(0.05 vol.)
分解能
CO20.01 g/L
追加情報
サンプル量約150 mL
サンプル当りの測定時間約55秒
内部記憶容量500回分の測定結果
インターフェース
  • RS-232 x 1(PC及びプリンター用)
  • USB x 1(PC用)
  • RFID x 1、Bluetooth x 1(オプション)
保護クラスIP67
電源AC 100~240 V、50/60 Hz、1.5 A
DC 12 V、3.0 A
充電式バッテリータイプリチウムイオン 11.1 V、2.25 Ah (オプション:リチウムイオン 11.25 V、2.6 Ah)
最大バッテリー駆動時間10時間
寸法
(長さ x 幅 x 高さ)
262 mm x 209 mm x 176 mm
重量2.1 kg

対応する標準規格

A

ASBC Beer-13D:体積膨張方式による溶存二酸化炭素の測定

E

EBC 第9.28.5章

M

Mebak 第2.26.1.5章

アントンパール社の認定サービス

アントンパール社のサービス/サポート品質:
  • 世界中で350人を超えるメーカー認定専門技術者
  • お客様の地域の言語による確かなサポート
  • 稼動期間全体にわたりお客様の投資を保護
さらに詳しく

書類