• The Magneto-Rheological Device (MRD) is used to investigate the influence of a magnetic field on magnetorheological fluids (MRF).
これは必須入力項目です。
Invalid
製品番号

アクセサリー(MCR用):
磁気粘性流体測定セル

磁気粘性流体の特性評価

オンライン限定価格 | 税抜税込 0消費税
価格
はお問い合わせください
ご購入情報
アントンパールの機器をオンラインで購入
製品番号:
オンラインの販売状況をチェック 見積を受け取る この製品をオンラインで購入
納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月

磁気粘性流体(MRF)は、印加される磁場にほぼ瞬時に反応して粘弾性特性が変化する「高性能」な材料です。粘弾性特性のこの変化(粘度の増加など)は、磁気レオロジー装置と組み合わせたMCRレオメータでシミュレーションおよび測定できます。この構成により、1テスラを超える磁束密度で制御された磁場を印加できます。  

主な機能

すべてのパラメーターと結果の完全な制御

すべてのパラメーターと結果の完全な制御

磁気粘性流体測定セルを使用して、磁気粘性流体に対する磁場の影響を分析できます。1テスラを超える磁束密度は、レオメータソフトウェアによって制御および調整されます。また、ホールセンサーと温度センサーを使用して、実際の磁束密度と温度で測定できます。すべてのパラメータは、レオメータソフトウェアに直接転送されます。定義済みの測定テンプレートおよび自動消磁プロセスも使用できます。

完全に制御された条件下での磁場のシミュレーション

完全に制御された条件下での磁場のシミュレーション

内蔵コイル付き下側プレートは、エアギャップ内で最大1.4テスラの磁場を発生させます。磁気ヨークで覆われた下側プレートと組み合わせて、プレートに対して均一な磁場を確保し、垂直な磁場ラインを形成します。循環水温度制御とペルチェ温度制御を併用した場合、サンプル温度を-10°C~170°Cで制御できます(リクエストに応じて、より低い温度も可能)。パラレルプレートシステムは直径20 mmの非磁性金属製であるため、シャフトに半径方向の力がかかりにくくなります。

特許取得済みの技術により、高いせん断速度でもサンプルを所定の位置に保持

特許取得済みの技術により、高いせん断速度でもサンプルを所定の位置に保持

磁気粘性流体および一部の磁性流体は、磁場の影響を受けると弾性特性増加傾向を示すので、大きなせん断力を受けると測定ギャップから逃れようとします。特許取得済みのTwinGap™形状は、独自の設計でこの問題を解決します。TwinGapのパラレルプレートシステムの下部、エッジ、上部に充填された磁性流体サンプルで構成されています。サンプルはカバーで覆われ、システムが密閉されるため、最大3000 s-1のせん断速度で測定を行うことが可能です。

多くの異なるアプリケーションを分析するためのスマートなソリューション

多くの異なるアプリケーションを分析するためのスマートなソリューション

ユニーク(「スマート」)な粘弾性特性により、磁気粘性流体と磁性流体は、さまざまなアプリケーションで使用されます。そのようなアプリケーションの代表的な例を挙げてみましょう。

  • エンジニアリング: クラッチ、バルブ、シーリング、ブレーキ、ダンパー、ショックアブソーバー
  • 医学: 薬物ターゲティング、磁気温熱療法、人間の義肢
  • 耐震ダンパー、ボディアーマー、熱伝達、その他多数

アントンパール認定サービス

サービスとサポートにおけるアントンパールの品質:
  • 世界各地に350名以上のメーカー認定の技術者がいます。
  • お客様の言語でサポート
  • ライフサイクル全体にわたる資産の保護
  • 3年保証
さらに詳しく

書類

互換装置