推奨される結果

ナノトライボメータ(NTR³)

ナノトライボメータ (NTR3)は、低い接触圧における様々な面のトライボロジ特性を評価する、ユニークな装置です。柔軟性のある独自のクワッドビームカンチレバーと高分解能容量センサーを組み合わせることで、法線力及び接線力の両方について、直線性が極めて高い正確な測定が可能です。ナノトライボメータは、原子間力顕微鏡(AFM)の高い分解能と、ピンオンディスクトライボメータの安定性、堅牢性、使いやすさを併せ持ちます。ピンオンディスクシステムのアプリケーションを拡張することで、NTR3は数µNの力と数百ミクロンの変位に対応します。NTRはナノ及びマイクロトライボロジに新たな展開をもたらします。

お問い合わせ 書類検索

特長

技術的特長 

  • 最大垂直荷重1000 mN (分解能3 nN)の独自のクワッドビームカンチレバー
  • 垂直荷重、摩擦力用の2つの独立した高分解能容量センサー
  • 回転往復運動/直線往復運動
  • 高分解能容量センサーとピエゾアクチュエータの組み合わせ
  • マイクロトライボロジ測定に対応する低ノイズフロア
  • 角度センサーを搭載した回転モジュール
  • 変位センサーを搭載した先進的直線モジュール
  • 幅広いカンチレバーを提供

その他の機能 

  • 接着力試験
  • 光学式ビデオマイクロスコープまたはAFM
  • X及びY電動ステージ
  • 温度及び相対
  • 湿度センサー
  • 連続的な摩耗深さ測定
  • 専用の試料ホルダー 

代表的なアプリケーション

  • コンタクトレンズのトライボロジー特性
  • ACMゴム上の薄くて柔軟なダイヤモンドに類似した炭素膜のトライボロジー特性
  • 接触圧力を最小限に抑えた潤滑状態の調査

技術仕様

垂直荷重及び摩擦力 - ダブルビームカンチレバー
  標準(ST) ハイロード(HL) ハイレゾリューション(HR)
最大荷重[mN] 100 1000

10

最小荷重[µN] 50 500 5
荷重分解能[µN] 0.03 3 0.003
ノイズフロア[µN]* 1 10 0.1
* ノイズフロアの値は、環境条件に依存します。
垂直荷重測定: 独立した高分解能容量センサー
摩擦力測定: 独立した高分解能容量センサー
回転モジュール
回転速度:1~200 rpm (ピンオンディスク)
トラック半径: 100~20 mm (ピンオンディスク)
偏向角分解能:0.1°
往復角度: ± 10~±150 °
回転モジュールから直線往復モジュールに可逆的に切り替え(オプション)
直線往復モジュール
ストローク周波数:
0.01~10 Hz (直線往復トライボメータ)
ストローク長: 最長5 mm (直線往復トライボメータ)
ストローク長の分解能: 1.25 nm (直線往復トライボメータ)
直線往復モジュールから回転モジュールに可逆的に切り替え(オプション)

書類