コンパクトタイプカロテスト (CAT²c)

カロテストは、コーティング膜厚を迅速に評価するための装置です。CAT²cは、0.1 μmから50 μmの膜厚のコーティングを分析するために広く利用されています。ボールによるくぼみで測定するシンプルな方法で、単層・多層に関わらず、あらゆる種類のコーティング膜厚を迅速かつ正確に確認できます。典型的な例としては、CVD、PVD、プラズマ溶射皮膜、陽極酸化皮膜、化学めっきや電気めっき、ポリマー、塗装、ラッカーなどが挙げられます。

Get in touch ドキュメントの検索

主な機能

コーティング膜厚の優れた分析法:

  • 球による摩耗試験法
  • コーティング膜厚の測定
  • 多種多様な材料の測定に対応
  • 微細/超微細な研磨スラリー
  • 「コンパクトタイプ」または「インダストリアルタイプ」の構成をご用意

オプション:

  • 自動膜厚計算機能を備えた光学測定システム

技術仕様

シャフト速度: 10~3000 rpm
摩耗時間範囲: 1~10000秒
標準ボール径: 10、15、20、25.4、30 mm
国際規格: ISO 1071-2、VDI 3198

アントンパール社の認定サービス

アントンパール社のサービス/サポート品質:
  • 世界中で350人を超えるメーカー認定専門技術者
  • お客様の地域の言語による確かなサポート
  • 稼動期間全体にわたりお客様の投資を保護
さらに詳しく

書類

関連製品