• 鉛蓄電池の製造とメンテナンス

    バッテリー製造時に鉛蓄電池の充電量を測定しH2SO4の濃度を確認する方法

  • 鉛蓄電池の製造、メンテナンス、点検のいずれにおいても、電池の充電状態を知るためには硫酸濃度を知ることが必要です。比重計のような従来の方法による濃度測定には、様々な欠点があります。鉛蓄電池デジタル比重計を使用すると、より短時間で正確に効率的に測定できます。

    鉛蓄電池のメンテナンスと点検

    鉛蓄電池を製品寿命全体にわたって良好な状態に維持するためには、充電状態と正常性を確認することが重要です。比重計またはデジタル比重計で定期的に密度を調べることは、充電状態を監視し消耗している電池を見つけるための確実な方法です。

    携帯型デジタル比重計(密度計)を使用すると、従来の比重計に比べ様々なメリットが得られます。密度計:

    • 電解液の密度と温度を1分未満で測定
    • 極めて高精度
    • 20 ℃に補正された比重(または密度)結果または%w/w単位のH2SO4濃度を自動的に表示
    • 結果を後で印刷するために保存、またはBluetoothでPCにエクスポート可能
    • RFIDタグによりサンプリング位置を自動識別

    DMA 35 Ampereを購入する

  • デジタル密度計を2週間お試しいただけます。ご購入の義務はありません。
    さらに詳しく

  • 鉛蓄電池の製造

    鉛蓄電池の製造では、H2SO4の希釈時、極板の形成時と充電後、充填と装填時、出荷前の保管終了時など、様々な段階で硫酸の濃度を測定する必要があります。従来の比重計に代わる最新の方法が、製造ラインで使用されるデジタル比重計またはラボで使用されるデジタル密度計です。

    製造ラインで使用されるデジタル比重計は、密度を測定し、濃度を計算して比重に変換します。本携帯型密度計の機能:

    • 電解液の濃度を2分未満で測定
    • 製造工程に必要な硫酸の全濃度範囲をカバー
    • 20 ℃に補正された比重(または密度)結果または%w/w単位のH2SO4濃度を自動的に表示
    • 必要なサンプル量はわずか2 mL

    製品の詳細を見る

    ラボのデジタル密度計は、より高精度な結果が得られるだけでなく以下のようなメリットがあります。

    • 20 ℃に補正された比重(または密度)結果または%w/w単位のH2SO4濃度を自動的に表示
    • 製造工程に必要な硫酸の全濃度範囲をカバー
    • 極めて高精度
    • 必要なサンプル量はわずか1 mL

    製品の詳細を見る

  • 3年保証

    • 2020年1月1日から、アントンパール社の全ての新しい装置*には、3年間の修理サービスが含まれます。
    • お客様は、予期せぬコストを回避し、常に安心して装置をご利用いただけます。
    • 保証に加えて、幅広い追加サービスとメンテナンスオプションもご用意しています。

    *使用されているテクノロジーにより、決められた期間ごとにメンテナンスを必要とする装置があります。該当する装置について3年保証をご利用いただくには、定期的にメンテナンスを行う必要があります。

    さらに詳しく

  • 比重計の欠点

    比重計と空気計は、電解液の比重測定専用に数十年間使用されてきました。これらは軽量で低価格なため広く普及していますが、多くのデメリットがあります。これに対し、デジタル密度計(デジタル比重計)には多くのメリットがあります。

    表1:比重計/空気計とデジタル比重計の比較

    バッテリーの電解質/硫酸の測定
    バッテリー比重計 比重計/空気計 デジタル密度計
    (デジタル比重計)
    原理 アルキメデスの原理 アルキメデスの原理
    分銅の浮力補正(球)
    振動式U字管による密度測定
    精度 きわめて低い 低い 高い
    読み取り 光学的に読み取り 光学的に読み取り デジタル表示
    堅牢な設計 割れやすい(ガラス) 割れやすい(ガラス) 堅牢なプラスチック製ハウジング、酸に強い(測定セルを含む)
    交換可能な測定セル
    価格 きわめて低い 比較的低い 比較的高い
    サンプル量 少ない 比較的多い 少ない(2~3.5 mL)
    測定所要時間 すばやく読み取れる、結果の評価のみ すばやく読み取れるが、表に従って手動で温度に応じて値を換算する必要あり 装置による自動変換を含め約1分
    DMA 35 Ampereを購入する