ポリマーのレオロジー評価 伸長レオロジー測定による各種ポリマー材料の評価事例

伸長レオロジー測定による各種ポリマー材料の評価事例

ポリマー材料のレオロジー評価は、分子量・分子量分布、架橋密度、直鎖・分岐度の違いなどの内部構造の情報を得ることができます。
更に、射出、シート、ブロー成型などの加工条件の決定、タイヤのゴムの制振特性、粘着材の密着性、粘着特性など幅広い用途に応用できることが知られています。

本ウェブセミナーシリーズではポリマー材料向けのレオロジー測定の基礎及び概要から各種応用例をご紹介いたします。
今回はせん断変形によるレオロジー測定を用いた各種評価方法の概要と評価事例を解説いたします。

  • ウェブセミナーで学べること:せん断変形を用いたレオロジー測定の概要と評価事例
  • 受講対象者:化学業界の方、ポリマー材料を扱う方
  • 参加費用:無料
  • 使用システム:Cisco Webex ウェビナー
     
  • ご注意:同業他社の方のお申込みはお断りすることがございますので予めご了承ください

関連ウェブセミナー:ポリマーのレオロジー評価シリーズ全7回

(日本語)
戻る

今すぐアクセスする

フォームに必要事項を入力して、制限付きコンテンツに自由にアクセスする

読み込み中...

エラー