推奨される結果

  • Research Award for Instrumental Analytics and Characterization (機器測定と特性評価に関するリサーチアワード)

    機器測定と特性評価の未来に貢献し、名誉あるアントンパールリサーチアワード2019(賞金20,000ユーロ)に応募してください。

Anton Paar Research Awardにようこそ

分析機器と測定装置を専門とするオーストリア企業のアントンパール社は、第2回「Anton Paar Research Award for Instrumental Analytics and Characterization (アントンパール機器測定と特性評価に関するリサーチアワード)」の応募者を募集しています。材料の機器化学分析や物理的特性評価における新しいメソッドや用途に重点を置いた提案(2年以内のものに限る)が評価の対象となります。また、科学的または工業的な新しい製品や用途が実現する可能性が高いことを、提案によって示す必要があります。 

どなたでもご参加いただけます

化学分析や物理的特性評価に関心のある方なら、どなたでもご応募いただけます。新しいメソッドと用途に目を向けてください。上記の条件を満たしていれば、未公開のプロジェクトも提出できます。 

賞金は20,000ユーロ

アントンパールリサーチアワード受賞者にはアントンパール社から20,000ユーロの賞金が授与されます。選考は、オーストリアの有名大学及びアントンパール社の代表で構成される審査員が行います。製品またはメソッドとしての応用の可能性、及び新しい測定テクノロジーまたは測定テクノロジーの向上に及ぼす影響をふまえ、エントリーされた全プロジェクトが審査されます。授賞式は2020年初めに行います。

リサーチアワード2018

第1回「Anton Paar Research Award for Instrumental Analysis and Characterization(アントンパール機器測定と特性評価に関するリサーチアワード)」は、科学的及び計測学的な実装の両面において傑出していた2つのアプリケーションに分け与えられました。フィンランドのアールト大学のロビン・ラス氏とツォ・クワン氏は、疎水性表面の濡れ性の測定に関する問題を、1滴の水を手段として局所的に解決するプロジェクトで、審査員の確信を得ました。ウィーン工科大学のヨハネス・ワクラレック氏とベルンハルト・レンドル氏は、レーザー検出を使用した高解像度ガスセンサで受賞しました。2018年のアントンパールリサーチアワードには、19の国から総数で69のプロジェクトの応募がありました。

審査員

Ronald Henzinger

アントンパール社研究開発責任者

であるRonald Henzingerは、自動車及び分析装置業界において様々なセンサテクノロジーの豊富な経験を持つ物理学者です。


Ferdinand Hofer教授

グラーツ工科大学教授、Institute of Electron Microscopy and Nanoanalysis (電子顕微鏡法及びナノ分析研究所)所長

材料及びナノ構造の高度な電子顕微鏡法を重点的に研究しています。


Oliver Kappe教授

グラーツ大学(オーストリア)化学教授、Research Center Pharmaceutical Engineering (RCPE)社Center for Continuous Flow Synthesis and Processing (CC FLOW、連続フロー合成/処理センター)サイエンティフィックディレクター

連続フロー化学、API製造、プロセス強化技術を中心に研究しています。


Wolfgang Kern教授

レオーベン鉱山業大学高分子材料化学研究室長、Polymer Competence Center Leoben社サイエンティフィックディレクター

主な研究分野は、高分子光化学、放射線重合及び架橋反応、表面・界面化学です。


Gerhard Murer

アントンパール社Future Business Activities担当

アントンパール社の主任研究員で、将来のビジネスの可能性を探っています。

アントンパール社について

1922年に一人の機械工の作業場から始まったアントンパール社は、精密機構を専門とする会社となり、今では高精度の分析機器と測定装置で知られる世界的な企業になりました。この変革を実現し、さらに革新を進めるため、アントンパール社は年間収益の20 %を研究開発に投資し、学術機関やその他の研究パートナーと協力しながら常に前進しています。

アントンパールグループは110カ国以上で事業を展開し、31の支社と8カ所の製造子会社があります。アントンパール社のオーナーであるザントナー基金は、慈善事業を目的とする非営利団体です。