Multiwave 7000 バイアル - 微量元素のブランク値

微量元素分析では、サンプルの分解に伴うすべての系統誤差の原因を最小限に抑えるために、 ブランク値をできるだけ低く抑える必要があります。このレポートの目的は、石英製、 PTFE-TFM 製、ディスポーザブル ホウケイ酸ガラス製のバイアルから溶出される微量元素の潜 在的な量についての概要を説明することです。

微量元素分析の成功可否は、サンプルの前処理段階で 使用する反応バイアルの適切な選択に大きく依存しま す。これは各分解システムの心臓部であり、マイクロ 波反応システムでは一般的に以下の特性を満たす必要 があります。

• 高純度

• 圧力、温度、腐食性試薬に対する耐性

微量元素や超微量元素の分析を行っているラボでは、 サンプルの分解におけるさまざまな系統誤差の原因を 考慮しなければなりません。不完全な分解と元素の損 失に加えて、バイアルの材質自体による汚染を考慮す る必要があります。

特定のバイアル固有の微量元素の値については、いわ ゆるブランク分解を行うことで把握できます。本レポ ートでは、分解したブランクサンプル中の 29 元素の 微量値を、ICP-MS または ICP-OES で測定しまし た。

ドキュメントのご送付

ドキュメントを受信するには、
以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー