Multiwave 7000 を使用した ボーキサイトサンプルのアルカリ抽出

Multiwave 7000 は、ボーキサイトサンプルの抽出を改善し、「利用可能なアルミナ」と「反応 性シリカ」を抽出する工業的なバイヤー法の堅牢なシミュレーションを実現します。

ボーキサイトは、アルミナ、酸化鉄、シリカ、その他 数種類の鉱物の混合物で、地域によって大きく異なり ます。精錬所のラボでは、純アルミナ(Al2O3)の分離に 世界的に使用されているバイヤー法のアルカリ抽出を シミュレートするために、小規模のボーキサイト抽出 を行っています。この抽出の目的は、ボーキサイト鉱 石に含まれる「利用可能なアルミナ」の量を測定する ことです。相当量のNaOHを消費するため、「反応性 シリカ」の量は通常、コスト的にも評価されます。

鉱石の組成に応じて、プロセスの温度は 150~240 °C にする必要があります。アルミナとシリカの含有量は 従来、小規模な高圧鋼製容器で測定されていました が、目標温度までの加熱制御とその維持が困難でし た。このように、マイクロ波加熱は、加熱のオンとオ フをすぐに切り替えたり、高速で電源を投入できたり するなどの利点があり、プロセスを効率的に制御でき る魅力的な方法です。さらに、個々の反応容器の磁気 撹拌も可能です。

この研究では、30 mL の PTFE 製バイアルを用いた Multiwave 7000 でのシミュレーション抽出の再現性 を示しています。

ドキュメントのご送付

ドキュメントを受信するには、
以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー