推奨される結果

食品 | ヨーグルト製造における濃度測定

ヨーグルト製造において、最適な最終製品の軟度を得るためには、混合プロセスの濃度モニタリング(%TDS及びBrix)が重要となります。混合プロセスの出口で測定された濃度は重要なパラメータで、品質管理のための最高のデータになります。 アントンパール社のインライン屈折計L-Rix 5100は、食品及び飲料製造プロセスにおける継続的濃度モニタリングに最適な装置として定評があり、製造ラインやタンクに直接設置し、リアルタイムで%TDSとBrixを測定することができます。

ヨーグルト製造

ヨーグルトは、牛乳の乳酸発酵により製造される乳製品です。ヨーグルト製造用の牛乳に添加した種菌が、乳糖の一部を酪酸に変換します。発酵の前または後に、香りや色をつけるための様々な成分が添加されることもあります。軟度、風味、香りは、製造のタイプや各種の非乳製品成分の添加によって変わります。

牛乳を前処理し、接種温度まで冷却する場合、その後の処理の手順は、製造されるヨーグルトのタイプによって異なります。カップ凝固タイプのヨーグルトの場合、種菌とその他の全ての成分をミキシングタンクで混合し、1つ1つのパッケージに充填し、パッケージ内で培養します。

ドキュメントを受け取る

このドキュメントを受け取るには、以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー