推奨される結果

粉体レオロジー 7: 偏析と流動層粘度

粉体レオロジーについて詳しく知りたいですか?

粉体レオロジーWebinarシリーズのこの7番目のWebinarでは、粉体レオロジーのより複雑な2つの測定モードである、偏析の測定と流動層粘度の測定を中心に説明します。粉体セルを装備したレオメータで実施できる測定と、粉体の取り扱いまたは処理の際の利用方法について学習します。

偏析は、サイズ、密度、形状などの特性の違いによる製品の脱混合です。極めて一般的な現象ですが問題が多く、工業環境においてだけでなく自然環境でも発生します。今日に至るまでその仕組みは完全には理解されていません。そのため、定性的に測定する必要があります。このWebinarでは、偏析の測定と、粉体の挙動に対するその影響について学習します。

流動層粘度は、流動状態の粒子の流れに対する内部摩擦及び抵抗の測定を扱います。この汎用的な方法は、当社の装置独自の機能で、輸送中や荷降ろし時の粉体の特性評価、または気体や試薬との相互作用に利用できます。このWebinarは、測定の仕組み、複雑な結果を分析する方法、実際の用途に転換する方法を理解するうえで役立ちます。

今すぐアクセスする!

フォームに必要事項を入力して、制限付きコンテンツに自由にアクセスする

読み込み中...

エラー